今週のトピックス(2020年7月)

2020年7月28日

「5G」対応スマートフォン 出荷台数が8623万台に

7月23日、中国工業・信息化部は、次世代通信規格「5G」に対応したスマートフォンの出荷台数が8623万台に達したと発表した。同部では国内メディア向けの記者会見において、「今年末に1億台を突破することは間違いない」と伝えた。また、同部から接続許可を受けた機種は197機種あり、6月末時点で6600万台が利用されている。現在も順調に「5G」対応のスマートフォンへの買替えが進んでおり、利用台数も増加するとのこと。
【原 文】http://www.miit.gov.cn/newweb/n1146290/n1146402/n7039597/c8023587/content.html

京東集団 江蘇五星電器を完全子会社化

中国の大手ECサイトを運営する京東集団(JDドットコム)が、家電量販店の江蘇五星電器を完全子会社化にしたことを中国メディア澎湃新聞が伝えた。京東集団は江蘇五星電器の実店舗を通じて自社のネット通販サイトへ顧客の誘導を見込む。江蘇五星電器は、江蘇省や浙江省を中心に約700店舗を運営している。

カンシノ コロナワクチン第2段階の臨床試験で効果を確認

中国の製薬メーカー、康希諾生物股分公司(カンシノ・バイオロジクス)が開発中の新型コロナウイルス向けワクチンで、第2段階の臨床試験(治験)で効果を確認したとを中国メディア新浪網が伝えた。同社は湖北省武漢市で508人に接種し、ある一定量でワクチンを接種すると、大部分の被験者で免疫反応を確認したとのこと。同ワクチンは世界の製薬会社が開発を急いでおり、競争が過熱している。国薬控股股分有限公司(シノファーム)や科興控股生物技術有限公司(シノバック・バイオテック)でも実用化を目指し、開発が進められている。

新型コロナ 中国国内で新たに68人の感染確認

7 月28 日、中国国家衛生健康委員会は新型コロナウイルスの感染状況について発表した。本発表によれば、27 日時点、31 省・自治区・直轄市と新疆生産建設兵団から報告を受け、新たな感染者が68 人確認された。その他、死者や感染の疑いがある患者については確認されていない。
・北京市:2名(うち輸入症例1名)
・遼寧省:6名
・上海市:2名(うち輸入症例1名)
・雲南省:1名(輸入症例)
・新疆ウイグル自治区:57名
【原 文】http://www.nhc.gov.cn/xcs/yqfkdt/202007/b9807dbfe58c4c718f072594df0f7998.shtml

2020年7月21日

税関総署 越境EC の輸出商品の返品ルート構築を推進

7 月14 日、中国税関総署は記者会見において越境電子商取引(EC)における輸出商品の返品に対する監視・管理措置を全面的に普及する方針を明らかにした。「税関越境EC 監視管理プラットフォーム」によれば、今年上半期における越境EC の輸入額は24.4%増、輸出額は26.2%増となっており、新型コロナウイルスの影響下でも順調に増加している。同時に「返品難」という問題を解決するため、まず、輸出商品の返品ルートを構築し、越境EC 事業者の「グローバル販売」を支援するとした。
【原 文】http://www.ipraction.cn/article/gzdt/bmdt/202007/317578.html

原動機付き車両の保有台数3 億6 千万台

7 月14 日、中国公安部は全国の原動機付き車両の保有台数は、今年6 月時点で3 億6 千万台に達し、うち自動車は2 億7 千万台だったことを明らかにした。今年上半期の原動機付き車両の新規登録台数は1414 万台で、前年同期比98 万台減少した。内訳は自動車が200 万台減の1042 万台、二輪車が88 万5千台増の332 万5 千台、トレーラーなどその他が13 万5 千台増の39 万5 千台だった。自動車の保有台数が100 万台以上だった69 都市のうち、12 都市で300 万台を超えた。上位5 都市は、北京市、成都市、重慶市、蘇州市、上海市の順で、北京は600 万台、成都は500 万台をそれぞれ超えた。

JNTO 6 月 訪日中国⼈は300 ⼈のみ

7 月15 日、日本政府観光局(JNTO)は6 月の訪日中国⼈旅行客数が300 ⼈だったとの推計を発表した。前年同月比は3 ヵ月連続で100%減となった。1〜6 月の累計では前年同期比77.4%減の102 万2,900 ⼈だった。訪日外国全体では、2600 ⼈と、先月の1700 ⼈よりは増加したが、前年比では99.9%減だった。全22 市場において、3 か月連続でほぼゼロに近い数値になっている。
【プレスリリース】https://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/200715_monthly.pdf

統計局 4〜6 月期GDP3.2%増へ

7 月16 日、中国国家統計局は2020 年4〜6 月期の国内総生産(GDP)について発表した。本発表によれば、その期間におけるGDP は物価変動を除いた実質で前年同期比3.2%増だった。1〜3 月期は新型コロナウイルスの影響で6.8%減と統計開始以来、初のマイナス成⻑だったが、現在は経済活動が復調に転じた結果となった。
【原 文】http://www.gov.cn/xinwen/2020-07/16/content_5527279.htm

2020年7月14日

中国の外貨準備、3ヵ月連続で増加

7月7日、中国人民銀行(中央銀行)は、6月末時点の外貨準備が外貨準備高は3兆1123億ドルだったと発表した。前月と比べ107億ドル増加し、3ヵ月連続で増加した結果となった。国家外貨管理局は「世界経済の情勢は複雑で、金融市場の変動が激しくなっている」との認識を示した。一方で、中国は新型コロナ対策と経済活動の再開が成果を上げており、外貨準備の規模は安定するとした。

統計局 消費者物価が2.5%上昇

7月9日、中国国家統計局は月の消費者物価指数(CPI)について発表した。本発表によれば、6月のCPIは前年同月比2.5%上昇した。中国南部などで続いた大雨による被害や、北京を中心とした新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、食品価格が値上がりしている。特に野菜は5月に8.5%の下落だったのが、6月には4.2%上昇した。なお、5月に開催された全人代では、CPIの年間上昇率目標を3.5%前後に設定している。

日本航空 広州へチャーター便を運行

7月10日、日本航空は成田から広東省広州市へ向けて旅客チャーター便を運航した。本便は広州日本商工会が搭乗希望者をとりまとめ、日系自動車メーカーや鉄鋼メーカーの関係者など約160人が搭乗した。搭乗者は広州に到着後、PCR検査を受け、指定ホテルで14日間の隔離待機となる。中国では新型コロナウイルスの逆流を防ぐため、海外から乗入れる国際線の定期旅客便を1社1路線、週1往復だけの運航にするよう制限している。

在香港の米企業の9割 国安法に懸念

7月13日、在香港米国商工会議所は香港における「国家安全維持法」の施行後に調査したアンケートの結果を公表した。これにより香港で事業を展開する米企業の9割近くが制定した「国家安全維持法」を懸念し、約1/3が香港からの資産や事業の移転を検討しているとのこと。また、国安法の内容がまだ公表されていなかった1ヵ月前よりも現在の方が懸念を強めているとの回答は約70%に上った。

2020年7月7日

中国医薬集団 武漢市で新型コロナウイルスのワクチン工場 完成

中国製薬会社大手の中国医薬集団総公司(Sinopharm)は、現在開発中の新型コロナウイルスのワクチン生産を行う新工場を湖北省武漢市に完成させた。同社は今年4月に北京市でも同種のワクチンに関連した生産設備を導入しており、年間生産能力は2拠点合計で2億回分以上に達するとのこと。すでに第2期の臨床試験で被験者全員にウイルスを中和させる抗体が生成したと発表しおり、第3期の臨床試験としてアラブ首長国連邦(UAE)で実施する。

6月新車販売 日本メーカー好調

トヨタ自動車(株)は中国での6月新車販売台数を発表した。本発表によれば前年同月比22.8%増の17万2900台だった。主力車種となる「カローラ」、「レビン」、「カムリ」が好調だったほか、「レクサス」も21.1%増だった。これにより3カ月連続で前年実績を上回り、単月販売台数は5月に続き2カ月連続で過去最高を更新した。
日産自動車の6月の販売台数は前年同月比4.5%増の13万6929台、マツダは同7.3%増の2万1002台だった。一方、ホンダは同4.1%減の14万2363台で、前年割れが続いている。

中国国内 6月新車販売 前年比11%増

中国汽車工業協会は、中国国内における6月新車販売台数を発表した。本発表によれば前年同月比11%増の228万台になるとのこと。車種別では、乗用車が前年同月比7.0%増の167万4000台、商用車が48.0%増の52万台だった。中国では新型コロナウイルス感染拡大が収束に向かう中、中国の自動車市場は回復傾向を示しており、5月は14.5%増の219万4000台で、22ヵ月ぶりにプラス成長に転じた4月に続き、増加基調を維持している。

アリババ 無利子による生活費支援 発表

中国IT大手のアリババ集団(阿里巴巴)は、無利子で生活費を貸出すキャンペーンを開始したと中国メディア新浪網が伝えた。金額は1,000~1万元で、新型コロナウイルスの影響で家計が苦しくなった人々の支援を目的としている。申請期間は14日まで。無利子による貸出期間は1週間から1ヵ月で、コロナの被害が大きかった湖北省の人は2ヵ月となる。借りられる金額は普段のアリペイの利用状況によって異なるとのこと。