サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場への視点
    [
  1. TOP
  2. 中国市場への視点
  3. -残業手当、休日勤務手当について ]

中国市場への視点 ~中国の団体商標について

Q.

数社の同業者で伝統工芸品の販売を行っています。 今後中国でも販売を考えていますが、 伝統工芸品を扱う組織として商標を申請することができるのでしょうか?

Ans.

中国にも日本の団体商標にあたるものがあります。中国語では「集体商標」といいます。

団体や協会や組織などが申請者として出願、登録することが可能で、登録ができれば、その団体を構成する企業や構成員がその団体の規則に則り商標を使用することができます。 この商標を使用する場合、構成する企業などは必要な手続を採れば、使用許諾を行うことなく、使用することが可能です。

 団体商標として申請、登録できるものに地理的な表示があります。この地理的な表示には、その地域の名産であることを表示することができ、商品の品質や特性を表すことができます。またその地域の自然などを証明できる表示にもなります。 ちなみに「テキーラ」や「紹興酒」なども団体証明として登録されています。

なお、団体証明の有効期限は10年となっています。

国家知的産権局HP: http://sbj.saic.gov.cn/sbsq/sqzn/201404/t20140430_228961.html

▲ページトップへ


メルマガ登録

商談コーディネーター

マッチングサービス

よくあるご質問

今週の中国経済市場情報

中国市場(マーケット)への視点

中国販路開拓コラム

中国ビジネス実務指南


友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ