サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場の販路拡大をサポート!
激動する経済、ビジネス、マーケット!
圧倒的な経験と実績!
    [
  1. TOP
  2. >
  3. 「今週のTopics」
  4. 【2019年7
  5. -9
  6. 月】
  7. ]

―更新日:2019年9月24日―

■中国初 無人船研究開発試験基地の建設開始

9月11日、中国国内初となる無人船研究開発試験基地「香山海洋科学技術港」の建設が正式に発表されたことを中国海洋新聞網が伝えた。この施設は広東・香港・マカオから始まり、中国国内の海上無人システムやスマート製品の設計・研究開発のプラットフォームとなる。これによりスマート海洋産業の改革を目指す。
https://www.chinaoceannews.cn/news/112782.html

■蒙牛 ベラミーズ社を買収

9月16日、中国蒙牛乳業はオーストラリアに拠点を置くベラミーズ社を15億豪ドル(約1100億円)で買収することを発表した。ベラミーズ社は乳幼児用オーガニック粉ミルクの生産メーカー。
finance.sina.com.cn/stock/relnews/cn/2019-09-20/doc-iicezzrq7215863.shtml

■蘇寧 カルフールで家電販売店を展開

家電量販を手掛ける蘇寧易購集団は傘下のカルフールの店舗内に蘇寧の家電売り場を開業ことを発表した。蘇寧は6月にカルフール(フランス)の中国現地法人を買収した。
https://www.nna.jp/news/show/1951589

■JNTO 8月の訪日中国人旅行者 100万人に

9月18日、JNTO(日本政府観光局)は「訪日外客数2019年8月推計値」を発表した。本発表によると、8月に訪日した中国人旅行者数は約100万人で、前年同月比 16.3%増だった。JNTOは夏季休暇シーズンの到来と新規就航や増便、個人査証の発給要件緩和の効果もあり、訪日者数は好調に推移したと報告した。
【プレスリリース】https://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/190918_monthly.pdf

■支付宝(アリペイ) マカオでのサービスが開始

9月18日、電子決済「支付宝(アリペイ)」はマカオでのデジタルウォレットサービスを開始したことを発表した。今後、マカオ市民は携帯電話番号でのアリペイユーザー登録ができるようになり、本人認証を行うことで銀行口座との紐づけも可能になる。
https://www.afpbb.com/articles/-/3245378

■6つの省・市で最低賃金基準2000元超え

31の省・市の中で、上海、北京、広東、天津、江蘇、浙江の6つの省・市の最低賃金基準は2000元を超えている。上海の最低賃金標準は全国のTOPで2480元に達しました。広東省深セン市は全国第二位で、2200元です。北京の最低賃金は2120元で全国第三位です。
東北三省の中で、吉林月の最低賃金標準は1780元です。西部の省の中で、甘粛、チベットと寧夏の月の最低給料の標準は皆1700元より低くて、青海の月の最低給料の標準は1500元で、全国の範囲で一番低いです。 http://www.sohu.com/a/341779527_123753?scm=1002.280027.0.0-0&spm=smpc.ch15.fd-news.199.15688746802752eEiiXt

■アリババ AI関連のエンジニアに年俸100万USドル

フィンランドタンペレ工科大学博士、元クアルコム首席エンジニアの陳穎さんはすでにアリババの人工知能実験室に加入し、人工知能とエッジ計算の首席科学者を担当し、IoT視覚方案を担当しています。 
カナダの西モンゴルフレイザー大学の終身助教授で、元360人工知能研究院の譚平副院長もアリババ人工知能実験室に加入して、コンピュータ視覚首席科学者を担当して、リアルな世界の三次元デジタル化バージョンを創立します。二人の科学者の年俸は百万USドルに達しています。  http://www.sohu.com/a/341576266_115060?scm=1002.280027.0.0-0&spm=smpc.ch30.fd-news.49.1568876748502g7oXq0K

―更新日:2019年9月17日―

■陸家嘴グループ 浦東新区にツインビル建築を発表

9月5日、上海東明置業有限公司(陸家嘴グループ)は浦東新区張江中区の開発権を獲得したことを中国メディア「新浪網」が伝えた。本プロジェクトは公共緑地や学林路、卓慧路、百科路の地下空間の他に、高さ320mの「張江ツインビル」も含まれている。今年末より着工する予定。
ソース http://finance.sina.com.cn/stock/s/2019-09-06/doc-iicezueu3986426.shtml?cre=tianyi&mod=pcpager_focus&loc=32&r=9&rfunc=76&tj=none&tr=9

■上海市虹口区「5G全球創新港」が正式オープン

9月10日、上海市虹口区で「5G全球創新港」が正式にオープンしたことを中国メディア「新浪網」が伝えた。「5G全球創新港」は上海虹口区政府と上海移動通信によって運営され、5Gに関連した各種プロジェクト情報や産業情報、企業間交流など総合プラットフォームサービスを提供する。
ソース http://finance.sina.com.cn/china/dfjj/2019-09-10/doc-iicezueu4883634.shtml?cre=tianyi&mod=pcpager_focus&loc=22&r=9&rfunc=76&tj=none&tr=9

■上海市 「白玉蘭記念賞」を発表

上海市政府は12日夜、外国人58人に「白玉蘭記念賞」を授与し、受賞者のひとりとして「みずほ銀行(中国)有限公司」の岡 豊樹 会長がリストアップされた。「白玉蘭記念賞」は上海市が設立した外国人向けの表彰賞で、毎年一回授与される。上海の経済や社会貢献、外国交流に顕著に貢献をした外国人を奨励し、表彰することを目的としています。
ソース http://www.sohu.com/a/340707509_157309?scm=1002.280027.0.0-0&spm=smpc.ch15.fd-news.167.15683533769925XfmgoL

■中国 5年間で企業数が2倍に

中国国内の企業数について、2012年までは1061.7万社だったが、2017年には2200.9社が登記されており、この5年間で約2倍の企業が誕生したことを中国メディア「中国網」が伝えた。また、このうち民間企業数は1640.4万社で、全体の約90%を占めていた。
ソース http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-09/16/content_75211126.htm

―更新日:2019年9月10日―

■アリババ子会社 インドでeコマース事業の計画 発表

9月6日、中国のEC大手アリババ(阿里巴巴集団)の子会社、UCウェブはインドでeコマース事業を開始する予定あることを発表した。同社が提供する「UC Browser」はインドに1億3000万人以上のユーザーを有し、Google Playストアからのダウンロードランキングではトップ15に入る。
ソース https://jp.techcrunch.com/2019/09/08/2019-09-06-alibaba-ucweb-ecommerce-india/

■「ラッキンティ」ベルブランド化へ

9月3日、コーヒチェーン店を展開する「ラッキン(瑞幸)コーヒー」は、「ラッキンティー」を別ブランドとして展開することは発表した。「ラッキンティー」は今年4月から試験的に導入していた。今後は新たに独自のティーブランドとして店舗を出店していく。 ソース https://coffee.ism.fun/article/5b422340-aa1a-4465-bf8e-fe15dd550d5e

■東方航空 国産ジェット機「ARJ21」35機 購入

中国東方航空(MU)は中国商用飛機有限責任公司が生産する国産旅客機「ARJ21」の調達を決定したことを発表した。今回の調達では35機を購入し、2025年までに全機納入を予定する。「ARJ21」は最大90席の小型ジェット機に分類される。
ソース http://baijiahao.baidu.com/s?id=1643295828646549787&wfr=spider&for=pc

―更新日:2019年8月27日―

■コストコ 上海に中国一号店がオープン

会員制倉庫型店舗を運営するコストコホールセールの中国大陸一号店がオープンする。各メディアの発表によれば、店舗の場所は上海市閔行区で、オープン日は8月27日とのこと。年会費は299元で、100元のクーポン券がついてくる。

■ブリヂストン 中国でタイヤ特許権侵害訴訟 決着

8月22日、(株)ブリヂストンは中国で提起していた特許権侵害訴訟に関し、2019年7月5日に判決を受領し勝訴が確定ことを発表した。本発表によると、同社では2015年10月に特許権を持つSUV用タイヤDUELER A/T REVO 2のトレッドパタンを使用してタイヤを製造・販売した行為は特許権侵害に該当するとして、広州市華南橡膠輪胎有限公司および万力輪胎股份有限公司を提訴していた。 【
プレスリリース】https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2019082201.html

■イケア 中国で100億元の投資 計画

家具販売を手掛けるイケア(IKEA)が中国事業強化のため2020年までに100億元を投資する計画があることを中国各メディアが報道した。同社は今年度の売上目標を8~10%増として設定していたが、現時点でほぼ達成できる見込みが立った。 http://money.163.com/19/0826/11/ENGL6KLS002580S6.html#from=keyscan

―更新日:2019年8月20日―

■龍角散 華潤山九とパートナーシップ 締結

8月14日、(株)龍角散は華潤三九医薬股份有限公司(以下、華潤三九)とパートナーシップを締結することを発表した。本発表によると、今回のパートナーシップ締結の目的として主力製品である「龍角散ダイレクト」や「龍角散ののどすっきり飴」の中国での需要が年々高まっており、中国の皆さまにも安心して製品をお買い求めいただくため、華潤三九の強大な薬局販売ルートを通じ中国市場での本格的な市場展開を決めた。
【プレスリリース】https://www.ryukakusan.co.jp/assets/othermedia/NEWS用/sankyu/sankyu.pdf

■大連 粳米(ジャポニカ米)先物取引 開始

8月16日、大連商品交易所で「粳米」に関する先物取引が開始した。中国語で「粳米」はジャポニカ米を意味し、中国で生産される米の33%を占める。近年、平均4.2%増のペースで生産が伸びており、省別生産シェアは黒竜江省:34.5%、江蘇省:26.1%、吉林省:9.7%となっている。消費エリアトップ3は江蘇省、遼寧省、山東省。ジャポニカ米の需要は年々増加しているとのこと。
ソース http://news.searchina.net/id/1681340?page=1

■嘉為 蘇州工業園区 AIイノベーションセンター オープン

華為技術(ファーウェイ)は蘇州工業園区に「華為(蘇州)人工知能創新中心(AIイノベーションセンター)」を立ち上げた。当センターは「スマートシティ」と「スマート産業」に重点を置き、長江エリアのAIイノベーションサービス拠点となる。 【原 文】http://news.sipac.gov.cn/sipnews/zwxw/201908/t20190809_1045855.htm

―更新日:2019年8月6日―

■JAL 滴滴出行 送迎サービス提供

7月26日、日本航空(株)は中国の配車サービスを提供する滴滴出行(ディディチューシン)と共同で期間限定の空港送迎・タクシー配車提携キャンペーンを実施すると発表した。本サービスは中国発海外行きビジネスクラスを購入したユーザーが対象で、中国国内では北京、上海、広州の各空港でディディチューシンの「DiDi LUXE」で送迎サービスを受けることができる。日本国内では専用割引クーポンを利用し、タクシーに乗車することができるようになる。 【プレスリリース】https://press.jal.co.jp/ja/release/201907/005245.html

■外務省 中国人向け観光ビザのオンライン申請サービス 開始

7月29日、外務省は中国にある在外公館(香港を除く)で現地の旅行会社によるインターネットでの観光ビザ申請の受付けを開始することを発表した。本発表によると7月30日より、すべての旅行代理店からの団体観光一次ビザのオンライン申請受付を正式に開始した。 外務省として、「観光立国推進」の実現に向けて、引き続きビザ申請に係る申請者の利便性の向上に取り組むと同時に、水際対策としての審査にしっかり取り組んでいく。 【プレスリリース】https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000852.html

■静岡県 5市2町 「中国(寧波)バザール展示会 開催

8月1日、静岡県の5市2町による「しずおか中部連携中枢都市圏」は浙江省にある寧波国際会展中心で日本産品の展示即売会「中国(寧波)バザール展示会」を開催したことを発表した。本発表によると静岡県の友好都市・浙江省の寧波市にアンテナエリアを常設し、日本各地の優れた産品を中国市場に売り込むことを目的としている。 ソース https://www.attax.co.jp/cbc/wp-content/uploads/2019/05/338aea08aa564510293b9809cfdc5f5b.pdf#search=%27%E4%B8%AD%E5%9B%BD%EF%BC%88%E5%AF%A7%E6%B3%A2%EF%BC%89%E3%83%90%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B1%95%E7%A4%BA%E4%BC%9A%27

■国産旅客器「C919」 試験飛行 開始

8月1日、中国商用飛機有限責任公司 (Comac) が製造する国産旅客機「C919」が上海浦東国際空港で試験飛行を開始した。同型機としてすでに4機が試験飛行を実施してきたが、上海での飛行試験は今回が初めてだった。なお、型名となっているCは「China」、9は「永久」、19は「190席級」を指すとされている。
ソース https://www.recordchina.co.jp/b734122-s10-c20-d0063.html

―更新日:2019年7月30日―

■上海証券取引所 科創板 取引開始

7月22日、上海証券取引所はハイテク新興企業向け株式市場「科創板(Science and technology innovation board)」の取引を開始したと発表した。現在、全25銘柄が値上がりし、安定した取引が行われているとのこと。「科創板」は中国版ナスダックとも呼ばれており、上場プロセスも従来の「審査承認」から「登録」制へ変更された
【原 文】http://www.sse.com.cn/star/media/news/c/c_20190722_4867192.shtml

■第二回輸入博 3000社超の出展を見込む

7月27日、中国国内メディアの人民日報は開催まで100日に迫った第二回輸入博について国務院新聞弁公室での記者会見の内容を伝えた。現在、150以上の国と地域から3000社を超える企業の参加が決まっており、準備作業、誘致活動ともに順調に進んているとのこと。企業が出展する商業エリアは予定を超える申し込みがあったため、2度の拡張を行った。 【ソース】http://j.people.com.cn/n3/2019/0727/c94476-9600975.html

■ファーウェイ 5Gモデル「Mate20X」 発表

ファーウェイ(華為)は5Gモデルとなる「Mate 20X」を公表した。画面サイズは7.2インチOLEDを採用し、5G用チップセットとして「Kirin980」、「Balong5000」を搭載した。本モデルはデュアルシムカードに対応しており、従来の4Gや3Gでの通信も可能となっている。同社Webサイトにて6199元で予約を受け付けている。
【ソース】https://sale.vmall.com/hwmate.html

■中国メディア 5G通信による提供価額 予想

中国国内の複数のメディアによって、中国移動通信が提供する「5G公開テスト版」の価格が伝えられた。本報道によれば、「通信容量200GB/月」、「1000分電話通話/月」、「SMS100通/月」という一般的なメニューであれば、218~248元/月という価格帯で提供されるだろうと推測している。
【ソース】https://baijiahao.baidu.com/s?id=1637843991811438449&wfr=spider&for=pc

―更新日:2019年7月23日―

■上海新橋空港 T2 ペーパーレス登場開始

7月15日、上海虹橋国際空港第2ターミナル(T2)では国内便の紙製搭乗券の認証作業を廃止し、身分証明書とQRコードを利用したペーパーレスの保安検査が開始された。
【プレスリリース】http://www.shairport.com/cn/jcjt/info_53559_itemid_280146682.html

■「緑地集団」と「復旦大学」 グローバル医学センター設立を目指す

不動産デベロッパーの緑地控股集団と復旦大学(上海)は「全球医学中心(グローバル医学センター)」設立に向けた提携契約を結んだことを発表した。本発表によれば、建設期間は5年間。160億元を投資し、医学と教育、産業が一体化した「医学科学技術新城」を共同で設立する。
【情報ソース】https://www.nna.jp/news/show/1927236

■6月 訪日中国人観光客 88万人 突破

7月17日、JNTO(日本政府観光局)は6月の訪日外客数の結果を発表した。本発表によると6月に日本を訪れた中国人観光客は880,700人で、単月として過去最高を記録した。新規就航や増便による航空座席供給量の増加に加え、1月から開始した個人査証の発給要件緩和の効果もあり、訪日者数は好調に推移したとのこと。 【プレスリリース】https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/pdf/190717_monthly.pdf

―更新日:2019年7月16日―

■フォーチュン・チャイナ 中国企業トップ500社 発表

7月10日、米国ビジネス誌の中国版「フォーチュン・チャイナ(財富)」は、本年の中国企業トップ500社を発表した。トップ5については以下の通り。
1位:中国石油化工股份有限公司
2位:中国石油天然気股份有限公司
3位:中国建築股份有限公司
4位:中国平安保険(集団)股份有限公司
5位:上海汽車集団股份有限公司
【ソース】http://www.fortunechina.com/fortune500/c/2019-07/10/content_337536.htm

■税関総署 今年上半期の貿易黒字1兆2300億元 発表

7月13日、税関総署は今年上半期の貿易データを発表した。本発表によると輸出は7兆9500億元、輸入は6兆7200億元で、貿易黒字は1兆2300億元だった。
【原 文】http://fangtan.customs.gov.cn/tabid/660/Default.aspx

■商務部 海外への投資状況 発表

7月16日、商務部は今年上半期の中国国内から海外への投資状況を発表した。本発表によると今年半年間で151の国と地域にある3,582社へ対し、累計3,468億元の投資を行い、前年同期比0.1%増だった。
【原 文】http://www.mofcom.gov.cn/article/ae/sjjd/201907/20190702882056.shtml

―更新日:2019年7月2日―

■自由貿易区 5年間で61満車の企業 進出

商務部国際貿易経済合作研究院は「中国自由貿易試験区発展報告」を初めて発表した。 本発表によると、この5年間で中国国内に11の自由貿易区が設置され、累計で61万社の企業が登記を行った。そのうち外資企業は3.4万社だった。 【原 文】http://www.china-hnftz.gov.cn/zwgk_details-4440.html

■「千と千尋の神隠し」 単日での興行収入 1位に

6月21日から上映開始した日本アニメ「千と千尋の神隠し(監督:宮崎駿)」が3日間連続で単日の興行収入1位を獲得している。すでに興行収入は1億7500万元(約27億円)に達した。

■ロボット大手「新松機器人」 産業用ロボット分野で シェア拡大

「沈陽新松機器人自動化股份有限公司」は遼寧省瀋陽市に本社を置くロボットメーカーであり、中国科学院傘下の企業として2000 年に発足した。現在は4000人のエンジニアを抱え、35の国と地域へ製品とサービスを提供している。業用ロボットやサービスロボットなどのシェアを拡大している。最近ではシンガポール港にコンテナ運搬のための作業ロボットを納入するなど、産業用ロボットやサービスロボットなどのシェアを拡大している。


このエントリーをはてなブックマークに追加

バナー


メルマガ登録

商談コーディネーター

中国代理店マッチングサービス

よくあるご質問

中国経済情報

中国市場(マーケット)への視点

コラム

中国ビジネス実務指南


友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ