アボット・ラボラトリーズのミルク工場でエンテロバクター・サカザキが検出

中国でアメリカ産の乳児用粉ミルクからエンテロバクター・サカザキが検出され、同商品を購入しないように注意が呼びか
けられていると聞きましたが、本件について詳しく教えて下さい。

アメリカの薬品・乳製品製造会社のアボット・ラボラトリーズ(Abbott Laboratories)は、自社公式サイトで現在販売している3つの乳児用粉ミルクを自主回収すると発表した。自主回収するのは、米ミシガン州の工場で生産されているSimilac、Alimentum、EleCare の3種類の乳児用粉ミルク。メーカーによると、ミシガン州の工場にてエンテロバクター・サカザキ(Enterobacter sakazakii)が発⾒され、調査が⾏われた。エンテロバクター・サカザキは、環境条件により発生する病原菌であり、0〜6ヶ⽉の⾚ちゃん、特に早産で産まれた乳児や出生時に低体重で産まれた乳児、および免疫⼒が弱い乳児に対して深刻な悪影響をもたらす。

<エンテロバクター・サカザキについて>
ヒトや動物、環境中に確認される多数の菌種を含む腸内細菌科 Enterobacter 属の細菌。この細菌は、特に乳幼児の髄膜炎や腸炎の発生に関係しており、感染した乳幼児の 20〜50%が死亡したという事例の報告もある。また、死亡に至らなかった場合も、神経障害等重篤な合併症が継続するとされている。成人が感染した場合は、その症状はかなり軽度である。参照︓厚生労働省アメリカ食品医薬品局(FDA)の公式サイトでは、消費者に対して同社の乳児用製品を購入しない・食べないように呼び掛けています。該当商品の製品コードは、頭数字が 22〜37、容器コードは K8、SH あるいは Z2 で、賞味期限は2022 年 4 ⽉ 1 ⽇以降の商品が対象。

■中国税関総署の対応
このニュースは中国でも大きく取り上げられた。中国税関総署の発表によると、中国国内での該当商品の販売状況を調査した結果、該当商品は⼀般貿易を通じて中国に輸出されていないことが判明。しかし、アボット・ラボラトリーズの関連企業が生産した乳児用栄養補充剤「喜康宝貝添」が中国へ輸出された記録が⾒つかったため、アボット・ラボラトリーズ中国は自主回収を⾏っている。つまり、“⼀般貿易を通じて中国に輸出されていない”という表現が、必ずしも中国国内の消費者が該当商品を購入できないという意味ではないという事だ。現代は国内外の越境 EC サイトから簡単に海外商品を購入する事ができる。そのため税関総署は国内消費者に対して、今回問題の発生した乳児用粉ミルクは「該当商品をいかなるルートでも購入してはならない」、「直ちに同社商品の摂取を停止するように」と発表した。もし、乳児用粉ミルクを購入した場合は、直ちに摂取を止めるように警告している。

■実店舗での購入が最善なのか︖
最近は越境 EC が普及しているため、中国の消費者は海外商品を気軽に購入する事ができる。また、越境 EC は⼀般貿易と⽐べて消費者が購入しやすい
仕組みになっている。個人使用が目的での海外からの購入となるため輸出規制も⼀般貿易と⽐べて緩くなっている。したがって、このようなトラブルが起きると⼀般貿易で正式輸入されて、実店舗で販売されている商品のほうが、安心感があると感じることになる。⽇本から食品関連の商品を輸出するとき、中国当局の検査が厳しいため⽇本の業者は苦労することになるが、中国国内の消費者からすれば、だから⼀般貿易の方が安心して購入する事ができる、ということになるのだ。

参照︓
雅培紧急召回︕⽴即暂停购买食用︕(baidu.com)
海关总署发布公告“⽴即暂停食用”雅培婴幼儿产品(baidu.com)

以 上

画像をアップロード

中国ビジネスヒントにお役に立つ情報が満載

※いいことイロイロ※
・毎週火曜日最新情報配信
・独自の視点から現在の中国市場をレポート
・中国の最新法令・政策をいち早く配信
・日系企業の動向情報は一目でわかる