中国における会社清算後の債権・債務の処理について

中国で会社を清算した後、債権・債務の処理で注意する点を教えてください。

会社は清算のための法定手続きにより、清算委員会を立ち上げて債権・債務の清算を公告し、債権者が公告後 45 日以内に請求しなかった場合、自動的に放棄されたものとみなされます。公告がなされず、清算が行われない場合、株主は法的責任を負います。
市場監督管理局(旧工商管理局)の記録を確認することができ、記録には該当機関の債権・債務の引受人がいるはずで、そうでなければ清算を承認しません。債権者は、責任を負うことができる。そうでなければ業と商業の部門はキャンセルを承認しません。債権・債務の受取人の責任を追及することができます。
企業法人が事業を閉鎖、取り消し、または営業許可を取り消した場合、登録抹消を行う前に、その法人資格と相応の訴訟主体資格は依然として存在し、自分の名義で起訴し、応訴しなければなりません。清算機関が法律に従って設立された場合、清算機関は、その名義で訴訟に参加することができます。
企業の所轄官庁、設立機関、株主、または出資者が訴訟に参加するかどうかは、当事者の自主的な選択であり、当事者が追加を要求しない場合、通常は自発的に追加しません。
法人の清算組織がない、または人の所在が不明であるために裁判所に訴訟を起こすことができない場合は、清算義務者に公告通知または直接通知することができます。原告は、企業の所轄官庁、設立機関、株主、または出資者のみを起訴し、状況を区別する必要があります。清算義務の履行を要求する場合、裁判所は、企業法人を追加する必要はありません。企業の債務の返済を求める者は、法人の資格がない場合には、企業を追加することなく、企業の所轄官庁、設立機関、株主、または出資者に対し、清算責任を負うよう命じることができます。企業が法的人格を有し、投資の欠陥のみが存在する場合は、共同被告として企業を追加するものとします。

●法令条文
≪会社法≫第 185 条(債権者への催告)
清算委員会は成立日より 10 日以内に債権者に通知し、かつ 60 日以内に新聞上で公告を行わなければならない。債権者が通知書を受取った日より 30 日以内、通知書を受取っていない場合は公告の日より45 日以内に、清算委員会にその債権を申告しなければならない。
債権者は、債権を申告する場合、債権に関連する事項を説明し、かつ証明資料を提出しなければならない。清算委員会は債権を登録しなければならない。債権の申告期間に、清算委員会は債権者に対する弁済を行なってはならない。
(二)清算義務者は、所轄官庁または投資関係に従って決定するものとする。
非会社国有企業法人の清算義務者は、上位の所轄官庁。非公司制の集団企業法人は、その所轄官庁または事業機関。中外合弁企業は合弁当事者であり、外商独資企業は投資主体であり、有限責任会社の清算義務者は、すべての株主であり、株式会社の清算義務者はその持株株主である。
(三) 法人が登録抹消を行い、その法人資格及び対応する訴訟主体の資格が消滅し、未清算の債権債務に起因する紛争が発生した場合は、清算義務者を当事者とする。法人が法律に基づく年次検査を行わない場合、法的に抹消されていない限り、訴訟対象としての資格には影響せず、自己の名前で訴訟を起こし訴訟に対応することができる。

以 上

画像をアップロード

中国ビジネスヒントにお役に立つ情報が満載

※いいことイロイロ※
・毎週火曜日最新情報配信
・独自の視点から現在の中国市場をレポート
・中国の最新法令・政策をいち早く配信
・日系企業の動向情報は一目でわかる