南京から広がった新型コロナウィルスの影響で第24回ペットフェアアジア2021(上海新国際博覧中心、8月18日~22日開催)が、同年 10 月 2 日〜5 日に延期することになりました。しかし、PFA の延
期した 2 日〜5 日の 4 日間は、中国の国慶節 10 月 1 日〜7 日の 7 連休で、祝日に当っています。(8 月 2日の本コーナーで掲載した事例です)当社の関連会社の現地スタッフに展示会の出展を依頼する場合、振替代休を適応することはできないのでしょうか?

ご指摘の通り、法定祝日については、振替代休は従業員本人が合意しないかぎり法的には認められていません。 そして当然ながら強制的に合意を求めるこることはできません。


また、残業や休日出勤について、中国の「労働法」の第 44 条に以下の規定があります。

第 44 条 下記の状況の一つがあれば、雇用側の組織は下記の規準に従って労働者の正常な労働時間の賃金より高い賃金報酬を支払わなくてはならない。

1.労働者に労働時間の延⻑を⼿配した時は、賃金の 150%より低くない賃金報酬を支払う。
2.一般休日に労働者に業務を⼿配し、また振替代休を処置できない時は、賃金の 200%より低くない賃金報酬を支払う。
3.法定祝日に労働者に業務を⼿配した時は、賃金の 300%より低くない賃金報酬を支払う。

今回の国慶節のケースでは、10 月 1 日〜10 月 7 日の計 7 日間が休日ですが、その中の 10 月 1 日〜3日が中国国務院の定めた法定祝日となります。

法定祝日とは「全国年節および記念日休暇弁法」に基づいて規定されている国務院が定めた祝日で、現在は年に2回の3連休と5回の休日が規定されており、年間計 11 日間となっています。したがって、中国労働法第 44 条第 3 項に基づき、10 月 2 日〜3 日に勤務させた場合、通常賃金の 300%の報酬を支払う必要があります。

また、10 月 4 日〜5 日は調整休みとなるので、同 44 条第 2 項に基づき、休日の賃金報酬の代わりに振替代休を取らせることができます。

なお、残業代や休日の賃金報酬(手当)を計算する際に、日給は月間 21.75 日で計算し、時給はその数字を 8 時間で割ります。国慶節の 10 月 2 日に出勤した場合、賃金の計算は(月間賃金÷21.75×300%)になります。

以 上

画像をアップロード

中国ビジネスヒントにお役に立つ情報が満載

※いいことイロイロ※
・毎週火曜日最新情報配信
・独自の視点から現在の中国市場をレポート
・中国の最新法令・政策をいち早く配信
・日系企業の動向情報は一目でわかる