中国出駐在員として勤務しています。
海外で生活する日本人も一時帰国の際、日本で新型コロナウィルスのワクチンを接種することはできますか?

日本で新型コロナウィルスのワクチンを接種することは可能です。

日本政府は海外に住む在留邦人を対象にした新型コロナウィルスワクチンの無償接種を8月1日から実施すると発表しました。羽田、成田両空港に専用会場を設置し、希望する在留邦人が一時帰国した際に接種できるように準備しています。米ファイザー製ワクチンを使用し、7月中下旬以降、専用ホームページで事前予約を受け付ける予定です。(7月6日時点、未発表)

また、国内の住民票を持たない企業の海外駐在員が一時帰国した際も、7月2日以降は職域接種を受けられるようになりました。ワクチン接種を職域接種会場で実施することを希望する企業等は、以下のフローに従って手続きしてください。

実施機関

7 月 2 日から同 31 日(1 回目接種日)まで
※1 回目接種が 8 月以降となる方は海外在留邦人向けワクチン接種事業をご利用ください。
※7 月 31 日までに 1 回目接種を受けた方全員が 2 回目接種を実施した時点で、職域接種会場を利用した
海外在留邦人向けワクチン接種は終了いたします。

対象者

以下の全てを満たす方。
・在留先におけるワクチン接種に懸念等を有している日本人又は再入国許可により再入国する一部の
外国人(対象となるのは入管特例法上の特別永住者及び入管法別表第二で定められる在留資格保持者)
・接種時点で 18 歳以上である方。
・7 月 2 日から 31 日の間に 1 回目の接種を希望する方。
・所属先企業等の職域接種会場でワクチンを 2 回接種する予定を確実に確保できる方。

費用の請求

委託を受けた医療機関等が所定のフォーマットに必要事項を記入した上で外務省に送付し(外務省から厚
労省に共有されます)、厚労省から接種費用(2070 円/回)(※)が委託先医療機関等に支払われま
す。

以 上

画像をアップロード

中国ビジネスヒントにお役に立つ情報が満載

※いいことイロイロ※
・毎週火曜日最新情報配信
・独自の視点から現在の中国市場をレポート
・中国の最新法令・政策をいち早く配信
・日系企業の動向情報は一目でわかる