中国向け越境ECにかかる関税などについて

中国向け越境ECでの販売を検討しています。その場合、商品にかかる関税などを教えてください。

中国向け越境ECでは主に2種類の方法があり、直送モデルと保税区モデルになります。それぞれの方法で必要となる関税などをまとめました。

種類直送モデル保税区モデル
税金行郵税(進境物品進口税)
購入額1,000元/税額50元以内の場合は免税
越境EC電商税
関税⇒0%
増値税と消費税⇒70%
商流日本メーカー→EMSなどの国際物流→通関(中国)→中国国内配送→消費者日本メーカー→船便など一般的な国際物流→中国国内配送→消費者
対象商品輸入禁止品目以外のすべての商品越境ECポジティブリスト(電子商務零售進口商品清単)
限度額1回あたりの購入限度額 5,000元(約80,000円)
年間の購入限度額 26,000元(約416,000円)

・直送モデルについて
中国消費者からの注文を日本で直接受け、⽇本から商品をEMS等の国際宅配便 を利⽤して消費者に直接配送する⽅法です。消費者は個⼈輸⼊として輸⼊時に⾏郵税を納付します。⾏郵税額が50元以 下の場合は、免税です。輸⼊品⽬の指定はなく、輸⼊禁⽌品⽬以外は輸⼊することができます。行郵税は商品ごとに13%~50%で設定されています。主な商品の行郵税は以下の通りです。

税率商品
13%コンピュータやデジタルカメラ、食品、飲み物、家具、おもちゃ、ゲームなど
20%スポーツ用品や釣り具、洋服、デジタルビデオ、自転車など
50%タバコやお酒、宝石、ゴルフ用品、腕時計、高級化粧品など

なお、行郵税については変更されるケースが多く、現地での確認をおすすめします。
【参考資料】
国務院関税税則委員会関于調整進境物品進口税有関問題的通知
http://www.gov.cn/xinwen/2019-04/09/content_5380667.htm

・保税区モデルについて
保税区モデルは、あらかじめ中国の保税区に商品をまとめて輸送し、中国国内の保税区で商品を保管し、注⽂ごとに通関 ⼿続きをし、出荷する⽅法です。注文後、中国国内から出荷するため、直送モデルと比較すると納期が短いという特徴があります。税金については越境EC電商税が適応され、関税が0%、増値税と消費税70%が課税されます。対象商品については国務院がポジティブリストを公開しており、現在は1413種類の商品が掲載されています。主な商品の税率は以下の通りです。

税 率商 品
11.2%化粧品、家電、飲料、食品、日用品など
20.2%ワイン、宝石、貴金属など

なお、税率については増値税と消費税が含まれています。
【参考資料】
跨境電子商務零售進口商品清単(2019年版)
http://images.mofcom.gov.cn/cws/202001/20200110143527533.pdf

以 上

中国ビジネス攻略のヒント—メルマガ会員登録

メルマガ会員登録
毎週火曜日中国ビジネスヒントにお役に立て最新情報を配信します。