日本から中国への渡航者にPCR検査と陰性結果証明の取得を義務化について

中国へ渡航するにあたりPCR検査が必要になったと聞きました。詳細について教えてください。

駐日中国大使館は、9月25日より日本から中国に渡航する場合、搭乗前3日以内(発行日を基準とする)の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明が搭乗手続に必要となる旨を発表しました。

【原 文】http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgxw/t1813386.htm

搭乗前3日以内に指定検査機関にて、規定の陰性結果証明(紙媒体)を取得し、搭乗時その原本及びコピーを航空会社に提出します。別途、中国大使館・総領事館に「健康状況声明書」を申請する必要はありません。

指定検査機関は以下の通りです。

次に費用は以下のようになります。
・PCR検査   :4万円(税別)
・証明書作成費  :1万円(税別)

証明書の発行までにかかる時間ですが、通常の場合、検査翌日の18時頃以降であれば診断書の発行が可能となります。
※上記は指定検査機関に指定された「クリニックフォア田町・大手町」の情報になります。

最後に検査日についてです。現在、検査日に関する指定がありませんが、陰性証明書には検査日も記載するため、あまり渡航日から離れていると搭乗や入国ができない可能性があります。そのため渡航の5日前〜3日前に受けることをお勧めいています。それぞれ、検査日と受け取りの日程は以下のようになります。

・搭乗5日前に検査 → 搭乗3-1日前に発行・受け取り
・搭乗4日前に検査 → 搭乗3-1日前に発行・受け取り
・搭乗3日前に検査 → 搭乗2-1日前に発行・受け取り
・搭乗2日前に検査 → 搭乗1日前に発行・受け取り

以 上

画像をアップロード

中国ビジネスヒントにお役に立つ情報が満載

※いいことイロイロ※
・毎週火曜日最新情報配信
・独自の視点から現在の中国市場をレポート
・中国の最新法令・政策をいち早く配信
・日系企業の動向情報は一目でわかる