越境EC小売輸入商品リストについて

販路拡大のため、中国での越境EC販売を検討しています。中国の越境ECで販売が禁止されている商品などはあるのでしょうか?

2019年12月28日、財政部や国家発展改革委員会、税務総局が共同で発表した「越境EC小売輸入商品リスト」(2019年第96号)をご確認ください。本リストは越境ECにおけるポジティブリストとも呼ばれており、越境電子商取引(EC)税制の適用対象となる品目リストの改訂版として、2020年1月1日から適応されました。

本リストには乳製品、酒類、水産品、衣類、漢方薬酒、ゲーム機、顕微鏡、双眼鏡、天体望遠鏡、懐中電灯、電気アイロン、CD-ROMドライブ、ホチキスなど1413種の税目の商品が含まれています。また、「ネット保税輸入モデル」のみに対応した商品もありますので、商流を検討する際はご注意ください。「ネット保税輸入モデル」は「越境電子商務総合試験区」や「越境電子商務小売輸入試行都市」として認可されたエリアでのみ取扱いが可能になります。

「越境EC小売輸入商品リスト」(2019年第96号)

商流(仕組み)について

(1)ネット保税輸入モデル

越境ECでいう保税区は、その地にありながら、海外から発送されたものを一時的に保管する区域のことです。これは、いわゆる関税がかかる前で手続き上は輸入前の状態と言えます。越境ECサイトで注文を受けた場合は、この保税区の商品を梱包し、通関を通って注文者の元へ配送されます。

(2)直送モデル

直送モデルは、保税区への一時保管をせず、日本国内から直接注文者の元へ配送します。もちろん、通関を通って関税を支払ったうえでの配送となります。

【原 文】跨境电子商务零售进口商品清单(2019年版)http://gss.mof.gov.cn/gzdt/zhengcefabu/201912/P020191227607915178053.pdf

以 上

画像をアップロード

中国ビジネスヒントにお役に立つ情報が満載

※いいことイロイロ※
・毎週火曜日最新情報配信
・独自の視点から現在の中国市場をレポート
・中国の最新法令・政策をいち早く配信
・日系企業の動向情報は一目でわかる