新型コロナウイルス感染拡大の影響による給与の支給と工場家賃の免除について

上海市で現地工場を運営しています。今回の新型コロナウイルス感染の拡大後、湖北省に帰省していた従業員が職場に復帰しておりません。この従業員に対して給与支給する義務はあるのでしょうか?また、新型コロナウイルス肺炎疫病状況予防・抑制期間中の家賃の免除について情報があれば教えてください。ださい。

(1)湖北省にいる従業員の給与補てんについて
■上海市《人力資源社会保障部弁公庁 新型コロナウイルス感染肺炎感染拡大防止期間の労働関係問題の適切処理に関する問題の通知》

感染者、疑似感染者、濃厚接触者の隔離治療期間・医学監察期間及び政府の隔離措置或はその他の緊急措置の実施により正常労働を提供できない従業員に対し、企業はその期間の労働報酬を支給しなければならず、労働契約法第四十条、四十一条に基づき労働契約を解除してはならない。

この期間中、労働期間が満了する場合、それぞれ従業員の医療期間満了、医学監察期間満了、隔離期間或は政府の緊急措置終了まで順延する。

感染拡大により生産経営が困難となる企業は、従業員との協議一致を通じ、賃金調整、シフト勤務、勤務時間短縮等の方式により職場を安定させ、リストラを最小にする。

企業の生産経営停止が一賃金支給周期内の場合、企業は労働契約の規定に基づく標準で給与を支給する。

生産経営停止が一賃金支給周期を超えて、従業員が正常労働を提供した場合、企業の支給する給与は当地の最低賃金標準を下回ってはならない。正常労働を提供していない場合、企業は生活費を支給しなければならず、生活費基準は各地の規定に基づき執行する。

感染の影響を受ける場合、仲裁時効は中止となり、時効中止の原因消滅の日から時効期間を継続して計算する。

労働人事争議仲裁機構の審理期限も相応に順延することができる。

【原 文】http://www.rsj.sh.gov.cn/201712333/xwfb/zxdt/00/202001/t20200124_1302965.shtml

この規定によると、

一行目に「政府の隔離措置或はその他の緊急措置の実施により正常労働を提供できない従業員に対し、企業はその期間の労働報酬を支給しなければならず…」とあります。

よって、湖北省の措置により出勤できないでいるのかを確認し、その実態がなければ、支払う義務はないかと存じます。

(2)現地工場の家賃の免除について

■上海市 企業の操業再開に向けた支援措置は発表

2月7日、上海市政府は「感染症の防止・制御による企業の健全な発展に向けた支援のための若干措置」 を発表した。上海市では感染防止関連重点企業への増値税の免除や中小企業への金利を1.6%へ引き下げるなどの優遇策が含まれている。
また、 企業が上海市の国有企業の不動産を賃借して生産経営活動に従事する場合、2020年2月-3月分の賃料を免除する。

【原 文】http://www.shanghai.gov.cn/nw2/nw2314/nw2319/nw12344/u26aw63478.html

よって、2月-3月分の賃料は免除となっています。

以 上

中国ビジネス攻略のヒント—メルマガ会員登録

メルマガ会員登録
毎週火曜日中国ビジネスヒントにお役に立て最新情報を配信します。