在留届について

来月から中国に赴任します。在留届について教えてください。

日本では海外に3ヶ月以上滞在する場合、その住まいの地域を管轄する大使館、総領事館、領事事務所に在留届の提出が義務づけられています。(旅券法第16条)帯同されるご家族や留学生の方も対象となります。

外務省によると海外で事件・事故や思わぬ災害が発生した場合、現地の大使館、総領事館、領事事務所は在留届の内容をもとに邦人の所在地や緊急連絡先を確認し援護活動を行うとしています。日本の家族から問い合わせに対しても、在留届があることで迅速に確認を取ることができます。また、選挙に必要な在外選挙人名簿登録申請にも必要な手続きとなります。経済の発展が著しい中国の都市部では比較的安心して生活することができますが、いつ事件や事故、災害にあうか分かりません。赴任先に到着後、在留届の提出を心がけてください。

※滞在が3ヶ月未満の方は「たびレジ」の登録が可能です。「たびレジ」に登録することで外務省から現地の最新安全情報や緊急事態発生時の連絡を受け取ることができます。

【たびレジ】https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

■在留届の提出方法

「オンライン在留届(ORRネット)」から提出が可能です。また、用紙に記入して届け出る場合は、住まいの地域を管轄する大使館、総領事館、領事事務所に直接提出するか、e-mail、郵送又はFAXで送付します。

【オンライン在留届(ORRネット)】https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

※日本国籍以外の家族がいる場合
日本国籍欄で「無」を選択した上で、 日本国旅券(パスポート)番号欄を入力せず空白で登録ください。 なお、日本国籍でない方は筆頭者としては登録できません。

【直接提出する場合】https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/zairyu.html

在留届の用紙は、大使館・総領事館で入手することが可能です。またはインターネットからPDFファイルをダウンロードして入手することも可能です。用紙(PDF)を印刷し、記入します。

■登録時に必要な情報

1.日本国旅券番号(パスポート)※同居家族分も含む
2.本籍地
3.自宅等連絡先(住所、電話・携帯・FAX、メールアドレス)
4.緊急連絡先(住所、電話・FAX・メールアドレス)
5.日本国内連絡先(住所、電話)
6.同居家族連絡先(携帯、メールアドレス)

なお、帰任の場合は以下の手続きを行います。
【オンライン在留届(ORRネット)】https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login
【直接提出する場合】https://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/kikoku_n.pdf

以 上

画像をアップロード

中国ビジネスヒントにお役に立つ情報が満載

※いいことイロイロ※
・毎週火曜日最新情報配信
・独自の視点から現在の中国市場をレポート
・中国の最新法令・政策をいち早く配信
・日系企業の動向情報は一目でわかる