新型コロナウイルス感染拡大による企業の対策について

新型コロナウイルス感染拡大による企業の対策について教えてください。

まず、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた主な政策は以下のようになっております。

次に企業における対策です。

2月7日、人力資源社会保障部は中国企業家協会などと共同で「新型コロナウイルスによる肺炎の感染流行予防・抑止期間における労使関係の安定化と企業の操業・生産再開を支持することに関する意見」を発表した。同意見書は企業が受ける労務管理、労使関係等の影響についてまとめられている。その中でも重要と思われる部分を抜粋した。

・新型コロナウイルス感染拡大を受け、従業員が予定通り戻れない場合や企業が操業を再開できない場合、
在宅勤務によって業務を処理することを推奨すること
・在宅勤務をするための設備を有していない企業は、従業員と協議の上、年次有給休暇や福利休暇などを
優先的に使用すること
・企業が操業を再開する場合、フレックスタイムなどの出勤方法を用い、柔軟に対応すること
・本件に関連する措置の影響で正常に労働できない従業員や派遣労働者に対し、契約の解除・停止はしないこと
・操業を再開する企業は、感染防止の保護、労働保護の措置を提供し、従業員の業務復帰を積極的に促進すること
・新型コロナウイルス感染拡大による影響を受け経営が困難な場合、企業は従業員との協議を通じて賃金報酬の調整、
交代制勤務、労働時間の短縮などの調整を行い、労働条件の安定を図ること
・新型コロナウイルス感染により法的に隔離され、正常に労働を提供できない従業員に対し、企業は正常に労働した
ものとしてその従業員の賃金を支払うこと
・隔離期間終了後、治療のため勤務ができない従業員に対して、医療期間の関連規定により賃金を支給すること
・新型コロナウイルスに関連する感染流行予防・抑止期間に休暇を取ることができなかった従業員に対し、
企業は代休の取得を推奨する。代休の取得が困難な場合は時間外労働手当を支払うこと

【原 文】http://www.mohrss.gov.cn/gkml/zcfg/gfxwj/202002/t20200207_358328.html

最後に企業活動への影響ですが、操業再開については中央政府や地方政府、開発区だけでなく、オフィスビル、商業施設などが個別の対応を行っています。上記の人力資源社会保障部の通達により、ある程度は安定しているようですが、現地の情報収集を継続してください。また、オフィスビル、商業施設の場合、付近に設置されている街道弁事所と呼ばれる都市基層政府の出先機関へも確認してください。

以下、市外から戻って来た市民に対し、各都市が実施する措置をまとめました。

以 上

画像をアップロード

中国ビジネスヒントにお役に立つ情報が満載

※いいことイロイロ※
・毎週火曜日最新情報配信
・独自の視点から現在の中国市場をレポート
・中国の最新法令・政策をいち早く配信
・日系企業の動向情報は一目でわかる