中国の休暇制度について

中国の休暇制度について教えてください。

中国の休暇制度では「法定休暇」と「特別休暇」があります。「法定休暇」については毎年12月ごろ中国国務院から発表されます。先週の「ChinaWork Weekly Topics」2019年12月10日号では来年の「法定休暇」を解説しましたので、そちらをご参照ください。

特別休暇について

(1)年次有給休暇

勤続年数休暇日数
1年以上10年未満5日間
10年以上20年未満10日間
20年以上15日間

上記は就業規則で決めた社内規定ではございません。未消化年次有給休暇がある場合、300%での買取が義務付けられています。

(2)妊娠・出産休暇

状  況休暇日数
①通常の出産98日(産前15日、産後75日)
 難産(帝王切開を含む)①→+15日
 双子など第二子以降の出産①→+出産する子供×15日
 育休①→+30日
流産(妊娠4ヵ月未満)15日
流産(妊娠4ヵ月以上)42日
出産立会(男性)10日

妊娠・出産休暇を取得した場合でも(1)年次有給休暇を取得することは可能です。

(3)結婚休暇

状  況休暇日数
社員本人が結婚する3日

国の規定では3日間となりますが、各省によって「15日以上」、「10日以上」、「3日」というように様々です。

(4)葬式休暇

状  況休暇日数
直系親族が死亡1~3日

従業員の「両親、配偶者、子供」などが亡くなった場合、状況をみて1~3日の休暇を取得できます。「両親」は配偶者の両親も含まれます。

中国ビジネス攻略のヒント—メルマガ会員登録

メルマガ会員登録
毎週火曜日中国ビジネスヒントにお役に立て最新情報を配信します。