中国での銀行口座開設時に必要な資料について

中国上海市へ赴任することが決まりました。現地の銀行で口座開設に必要な資料を教えてください。

銀行によっても異なりますが、最近、主に要求される種類は以下の通りです。

  1. パスポート
  2. 就業許可証/労働契約書
  3. 居留許可証/賃貸契約書
  4. 納税人番号(マイナンバーカード)
  5. 中国の携帯電話番号

「4. 納税人番号(マイナンバー)」は日本で交付される「マイナンバーカード」です。これまでは必要書類に含まれていませんでしたが、数カ月前から提示を求めるケースが増えてきましたので、赴任される際は携帯するようにしてください。

本件に関しては、在上海日本国総領事館のホームページでも同様情報が掲載されております。
「銀行口座開設等の銀行手続きにおける参考情報(マイナンバーの提供について)」https://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/procedure/bank.html

また、国税庁のホームページでは、外国の金融機関に口座を開設する際に、納税者番号としてマイナンバーを提供することは問題がないとしています。https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/mynumberinfo/FAQ/gaiyou_qa.htm#a313-1

次に口座を開設する銀行は4大国有商業銀行が便利です。全国各地に支店あり、出張などで他の省でも利用できるので安心です。

  • 中国工商銀行
  • 中国建設銀行
  • 中国農業銀行
  • 中国銀行

最後に口座開設の時期についてご注意ください。口座開設申込時に「居留許可証」の提示を求められます。「居留許可証」は入国後、現地で申請を開始します。入手するには数週間から1ヵ月ほど必要になります。この間の生活費などに必要な現金やクレジットをご準備ください。

以 上

中国ビジネス攻略のヒント—メルマガ会員登録

メルマガ会員登録
毎週火曜日中国ビジネスヒントにお役に立て最新情報を配信します。