日・中社会保障協定について

今回発表された「日・中社会保障協定」について教えてください。中国で働く全ての日本人が対象になるのでしょうか?

9月1日から「日・中社会保障協定」が発効しました。今回対象となる制度は両国の年金制度のみです。本協定の免除期間は最大で5年間になります。5年を超えた場合、原則として中国の年金制度に加入することになります。

日本側中国側
国民年金保険
厚生年金保険
被用者基本老齢保険

今後、社員を中国に派遣する場合、日本の年金機構で「適用証明書」の交付申請を行うことになります。交付された「適用証明書」は派遣先となる中国の現地法人や代表処を通じ、現地でも同制度の適用免除の手続きを行います。なお、現地で提出した「適用証明書」の原本については、当該機関で写しを取った後に返却されることとなっています。

董事長や総経理といった役職についていても、日本の年金制度上、被保険者となっている被用者であれば免除の対象となります。既に中国に派遣されている社員については、本協定の規定により、協定発効日に中国へ派遣されたものとして取り扱われ、協定発効日から5年間は日本の年金制度のみに加入し、中国の年金制度の加入は免除されます。

本協定では「雇用主により相手国に派遣された被用者」が対象となっており、以下のような雇用ケースは対象外となります。

  • 中国国内の企業に直接雇用される方
  • 中国国内の企業に直接雇用される方
  • 中国で自営業者として就労される方
  • 日本の年金制度に任意加入している方

中国から帰任後、再度中国へ派遣された場合(インターバルルール)については、本協定で定められておりません。なお、上海市では外国人の社会保険加入は任意となっているため、今回影響があるのは上海市以外の都市となります。

適用証明書交付申請書サンプル
適用証明書サンプル

【以下、関連情報】

日本年金機構:「協定相手国別の情報(中国)」
https://www.nenkin.go.jp/service/kaigaikyoju/shaho-kyotei/kunibetsu_info/china.html

厚生労働省:「海外で働かれている皆様へ(社会保障協定)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/shakaihoshou.html

人力資源社会保障部「外国人参保」http://www.mohrss.gov.cn/SYrlzyhshbzb/zhuanti/waiguorencanbao/sbsbhmxd/201908/t20190828_331980.html

以  上

画像をアップロード

中国ビジネスヒントにお役に立つ情報が満載

※いいことイロイロ※
・毎週火曜日最新情報配信
・独自の視点から現在の中国市場をレポート
・中国の最新法令・政策をいち早く配信
・日系企業の動向情報は一目でわかる