サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場の販路拡大をサポート!
激動する経済、ビジネス、マーケット!
圧倒的な経験と実績!
    [
  1. TOP
  2. >日系企業動向
  3. 【2019年7-12月】
  4. ]

日系企業動向【2019年9月】

■三菱重工サーマルシステムズ 省エネ投資プロジェクト合弁会社 設立

9月5日、三菱重工サーマルシステムズ(株)は現地子会社である三菱重工空調系統(上海)有限公司を通じて、国網節能服務有限公司と合弁会社を設立することを発表した。本発表によると国網節能服務有限公司は、中国最大の電力配送会社である国家電網公司が出資するグループ企業。主にクリーンエネルギー発電事業、計画・設計・コンサルティングから施工までを一体化した省エネ・ソリューション事業を展開している。今回の合弁事業ではエネルギーソリューションに関する技術コンサルティングを提供することにより、中国における省エネ投資プロジェクトを促進し、省エネ、環境保護に貢献。これにより、中国の省エネ政策の実行、クリーン発展を主導するエネルギーソリューション・サプライヤーを目指すとのこと。
【プレスリリース】https://www.mhi.com/jp/news/story/190905.html

■日通 日本初厦門経由欧州向け SEA&RAIL 複合輸送サービス 開始

9月6日、日本通運(株)は厦門を経由した中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送サービスを発表した。これまでのサービスに比べて輸送に必要な日数やコストを削減することができ、厦門発の列車は週2便(毎週水・土曜日発)で定期運行されており、海上輸送との接続にも柔軟に対応することが可能とのこと。
【プレスリリース】https://www.nittsu.co.jp/press/2019/20190906-1.html

■中国市場に「ConSite-OIL」の提供 開始

9月4日、日立建機(株)は、これまで日本やヨーロッパなどで提供してきた「 ConSite OIL 」のサービスを中国国内でも開始することを発表した。「 ConSite OIL 」は稼働する建設機械を24時間モニタリングし、故障予兆検知を含め、「ライフサイクルコスト低減」を顧客に提供することを目的とするサービスとのこと。
【プレスリリース】https://www.hitachicm.com/global/jp/news-jpn/press/19-09-04j/

日系企業動向【2019年8月】

■東洋炭素 成都市 新たな生産拠点 設立

8月8日、東洋炭素(株)は四川省成都市にカーボンブラシの新たな生産拠点を設立したことを発表した。本発表によると、同社が生産するカーボンブラシは掃除機、洗濯機、電動工具等モーターなどに採用される小型部品。今回、内陸部にも拠点を持つことにより、現地の顧客ニーズによりきめ細かくスピーディーに対応することが可能になるとのこと。
名  称:CHENGDU TOYO TANSO CO., LTD
所在地 :四川省成都市浦江産業団地
事業内容:カーボンブラシおよび関連部材の製造、販売
資本金 :$2,000,000
【プレスリリース】https://www.toyotanso.co.jp/News/company/190808.STT.investment.cti.html

■バンダイナムコアミューズメント 北京にVR施設 開業

8月22日、(株)バンダイナムコアミューズメントは星葆国際文化伝媒(北京)有限公司(以下、星葆国際)とVRコンテンツのフランチャイズ契約を締結し、中国北京市内の朝陽公園に「VR ZONE BEIJING」を2019年秋にオープンすることを発表した。星葆国際は中国の映画やテレビのコンテンツ開発・宣伝の運営経験や、映画館・Eスポーツ・エンターテインメントといった施設の運営ノウハウも有している。「VR ZONE BEIJING」は海外8か所目となる施設となる。
【プレスリリース】https://bandainamco-am.co.jp/NEWS/others_facility/20190822_1000_15-C-012.html

■上海高島屋 精算中止、営業継続へ

8月23日、(株)高島屋は6月に決定した上海高島屋の清算を中止し、今後も店舗の営業を継続することを発表した。本発表によると、家主からの支援及び上海市・長寧区の協力により、事業採算性が大きく見込めるようになったとのこと。
【プレスリリース】https://www.takashimaya.co.jp/base/corp/topics/190823s.pdf

■タムラ製作所 佛山市に新工場設立 発表

8月7日、(株)タムラ製作所は広東省佛山市に新工場となる田村汽車電子(佛山)有限公司を設立することを発表した。本発表によると、同社初となる「環境車向け昇圧リアクタ」の海外生産子会社として、2022年の本稼働を目指す。
会社名:田村汽車電子(佛山)有限公司
所在地:広東省佛山市
総投資額:23億円
【プレスリリース】https://www.tamura-ss.co.jp/file.jsp?id=21996

■島津製作所 フォークリフト需要拡大で 工場設立

8月8日、(株)島津製作所は天津市にフォークリフト向け油圧ギヤポンプおよびコントロールバルブ製造の新工場着工について発表した。本発表によると中国フォークリフト市場では、排ガス規制の強化によって電動化への移行が加速すると見込まれ、同社でも低消費電力かつ低騒音という製品特長を訴求して、販売機会の拡大を目指すとのこと。
【プレスリリース】https://www.shimadzu.co.jp/news/press/52vrpzpvsgc4qbe.html

■ネクスティエレクトロニクス 天津に支店 設立

7月30日、豊田通商グループの半導体商社、ネクスティエレクトロニクス(株)は天津市に新たな支店を設立したことを発表した。本発表によると、今回設立した支店は上海現地法人の分公司であり、現地ので営業・販売活動を一層強化することを目的としてる。 【プレスリリース】https://www.nexty-ele.com/wp/wp-content/uploads/2019/07/Release_J20190730.pdf

■日本電産 中国での合弁企業会社設立 発表

8月1日、日本電産(株)は広州汽車グループの広汽零部件有限公司とEV(電気自動車)向けトラクションモーターを生産する合弁会社設立を発表した。本発表によると、広州汽車が蓄積している完成車に関するノウハウと日本電産が保有するモータ技術および電装技術を組み合わせることで、主に広州汽車向けに、低コスト高効率なトラクションモーターを開発・生産・販売するとともに、順次、他の自動車メーカーへの販売を計画している。【プレスリリース】https://www.nidec.com/ja-JP/corporate/news/2019/news0801-03/

■JR東日本 新潟浄益鉄道自由行の中国販売 発表

8月1日、東日本旅客鉄道(株)は中国東方航空と連携し、新潟空港を活用したツアープラン「新潟上越鉄道自由行」を継続的に販売していくことを発表した。今後の共同商品として、上海から新潟空港を利用し、上越新幹線等で新潟・長野エリアが周遊可能な新たな商品を販売する。
【プレスリリース】https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190801_ho01.pdf

日系企業動向【2019年7月】

■積水化学 自動車内装用フォームの生産ライン 稼働開始

7月23日、積水化学工業(株)は江蘇省無錫市の積水映甫高新材料有限公司で自動車内装用ポリオレフィンフォームの生産ラインが稼働を開始したことを発表した。中国における自動車への顧客ニーズの高級化を背景に、高機能フォームへの需要が急激に高まっており、当初の計画を2ヶ月前倒しして生産・販売を開始した。
【プレスリリース】https://www.sekisui.co.jp/news/2019/1341714_34598.html

■ネクストエナジー 中国電池メーカーと業務提携 発表

7月25日、ネクストエナジー・アンド・リソース(株)は福建省寧徳市の寧徳時代新能源科技股份有限公司(以下、CATL)と蓄電池の開発・販売における業務提携を締結したことを発表した。今回の業務提携先となるCATLは今後の戦略を見据え、ビジネスを電気自動車向けのみならず定置型向けの蓄電池にも拡大しており、日本を戦略的に重要な地域と位置付けいる。ネクストエナジー・アンド・リソースでは蓄電池の安定的な供給ルートを確保し、更なるトータル導入コストの低減を目指す。
【プレスリリース】https://www.nextenergy.jp/information/190725/

■丸紅 冷凍・冷蔵トレーラーのリース・レンタル会社 設立

6月25日、丸紅(株)は北京匯通天下物聯科技有限会社と共同で冷凍・冷蔵トレーラーのリースおよびレンタル事業に参入するべく、合弁会社を設立したことを発表した。本発表によると成長著しい中国国内において、食品メーカー・小売業者・物流業者等に対して、冷凍・冷蔵トレーラーのオペレーティングリース・ファイナンスリースおよびレンタルサービスを提供する。
会社名:天津吉紅融資租賃有限公司
所在地:天津市
事業内容:中国国内での冷凍・冷蔵トレーラーのオペレーティングリース・ファイナンス
リースおよびレンタル。
【プレスリリース】https://www.marubeni.com/jp/news/2019/release/20190625_2.pdf

■日立造船 上海市のごみ焼却発電プラント設備工事 受注

7月8日、日立造船(株)は上海浦発熱電能源有限公司からごみ焼却発電プラント向け焼却炉設備工事を受注したことを発表した。今後は上海市での焼却炉の設計および火格子など主要機器供給に加え、機器据付・プラント試運転時の技術指導サービス業務を行う。
【プレスリリース】https://www.hitachizosen.co.jp/news/2019/07/003321.html

■三井物産 ヘルスケアファンド設立 発表

6月25日、三井物産(株)は華潤集団と厚樸投資の3社で合弁会社を設立したことを発表した。今回発表された合弁会社は、病院事業(クリニック・専門病院運営、運営受託等)や中国内外のヘルスケア周辺事業を対象とした投資を行う。三井物産、華潤集団と厚樸投資も各子会社を通じ一部出資参画の上、今後ご参画頂ける投資家を国内外から募る。
【プレスリリース】https://www.mitsui.com/jp/ja/release/2019/1228947_11203.html

■バンダイナムコ 集英社と共同出資の新会社設立

6月25日、(株)社バンダイナムコホールディングスは(株)集英社と中国にてる新会社を設立すると発表した。本発表によると、中国 における集英社漫画原作版権のフィギュアや雑貨等の商品の企画、製造を行い、EC サイト等で販売を行う。
【プレスリリース】https://www.bandainamco.co.jp/cgi-bin/releases/index.cgi/press/9396?entry_id=6577


このエントリーをはてなブックマークに追加

バナー

▲ページトップへ

メルマガ登録

商談コーディネーター

中国代理店マッチングサービス

よくあるご質問

中国経済情報

中国市場(マーケット)への視点

コラム

中国ビジネス実務指南


友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ