日系企業進出動向(2020年8月)

2020年8月25日

古河電工、中国メーカーの保有株式40%を合弁パートナーに譲渡

古河グループの非鉄金属メーカー、古河電工は江蘇省にある合弁会社「金古河金属(無錫)有限公司」の保有株式40%をすべて売却した。売却先は合弁相手である「安徽夢舟実業股份有限公司(以下、安徽夢舟実業)」。同合弁会社は昨年に政府から工場移転要請を受けていた。安徽夢舟実業は同合弁会社を清算する方向性を示している。

2020年8月18日

プラス 浙江省杭州市にて新ブランドを発表

8 月4 日、オフィス家具メーカーのプラス(株)は、昨年設立した合弁会社「得力普楽士弁公科技有限公司(以下、DELI-PLUS 社)」にてオフィス家具ブランド「deli-PLUS(デリ-プラス)」を発表した。
DELI-PLUS 社は、「ハイクオリティ、ハイデザイン、ハイバリュー」の3 つを実現したオフィス家具の品揃えを行い、店舗、EC、直販のチャネルにてブランド製品を拡販する。また、2022 年には現在建設中の基幹生産拠点・銭塘新区新⼯場が本稼働予定とのこと。DELI-PLUS 社は中国の大手文具製造・販売会社「得力集団有限公司」との合弁会社となる。
【プレスリリース】https://www.plus.co.jp/news/202008/0003947.html

2020年8月4日

不二家 杭州市に新工場建築を発表

7月23日、(株)不二家は浙江省杭州市に第二工場となる新工場の建設を発表した。新設する第二工場は、今後の市場性の大きいビスケットの生産ラインを増強し、将来的にはチョコレートの生産ラインの導入も視野に入れている。本件に関する投資費用は約29億円。2023年7月の稼働開始を目指す。現行の向上では主にポップキャンディ(棒付きキャンディ)を生産している。
【プレスリリース】https://www.fujiya-peko.co.jp/assets/pdf/press20200729_1.pdf