日系企業進出動向(2020年2月)

2020年2月

シャープ 山東省煙台市に新たな子会社を設立

2月21日、シャープは山東省煙台市に、新たな子会社を設立することを発表した。今回設立する煙台夏智精密電子有限公司では生産設備や電子部品などを開発、生産、販売する。また、中国における生産、販売等の効率化やチャネルの拡大を図り、グローバルでの事業拡大を目指す。
❏会社情報
名 称:煙台夏智精密電子有限公司
所在地:山東省煙台市煙台経済技術開発
資本金:1200万USD
設立日:2020年3月(予定)
【プレスリリース】https://corporate.jp.sharp/ir/pdf/2020/200221-1.pdf

キャノン 武漢の病院にCT診断装置を寄付

キャノン中国は新型コロナウイルス感染拡大を受け武漢市の医療現場の設備不足を支援するため、武漢市華中科技大学同済医学院附属同済病院に全身用X線CT診断装置を寄付することを中国メディア新浪網が伝えた。同社によればこの装置は新型コロナウイルスによる肺炎の臨床検査に用いることができるとのこと。さらに関連部品の供給や医療機器のメンテナンスにより現場をサポートしていくとしている。
【プレスリリース】https://corporate.jp.sharp/ir/pdf/2020/200221-1.pdf

マツダ南京工場 稼働再開を17日以降に延期

2月12日、マツダは南京市に有する合弁工場、長安馬自達汽車(長安マツダ)の稼働再開を17日以降に延期することを明らかにしたと中国メディア新財経浪などが伝えた。当初は12日以降に生産再開を予定でしたが、部品の調達が滞っており、今回の決定となった。また、ホンダも広州にある四輪車工場の生産再開が17日以降になると明らかにし、生産再開に向けて当局との調整を進めているとのこと。

シャープ 特許権侵害でオッポジャパンを控訴

1月30日、シャープはオッポジャパン(株)に対しスマートフォンの通信技術に関する自社の無線LAN関連特許を侵害しているとし、東京地方裁判所に特許権侵害差止請求訴訟を提起するとともに特許権侵害差止仮処分の申立て行ったと発表した。同社では国内において、スマートフォン等のモバイル通信端末事業やアフターサービス事業を展開しており、保有する知的財産権を重要な経営資源と位置付けている。
【プレスリリース】https://corporate.jp.sharp/news/200130-a.html