サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場の販路拡大をサポート!
激動する経済、ビジネス、マーケット!
圧倒的な経験と実績!
    [
  1. TOP
  2. >
  3. 「今週のTopics」
  4. 【2018年4
  5. -6
  6. 月】
  7. ]

―更新日:2018年4月6日―

◆人民元市場レート(2018.4.06)

外貨名 100日本円

中間値 5.9075人民元

■スマホ決済 1日500元まで


中国人民銀行は、スマートフォン決済の利用制限を設定した。
小売店の店頭に貼付されたQRコードを読み込んで決済する場合、利用額の上限を1日あたり500元に設定。
ニセのQRコードを使用した詐欺を防ぎ、安全性を高めるためなどとしている。

■3月 PM51.5で製造好調の傾向


3月31日、国家統計局は3月における中国製造業購買担当者指数(PMI)を発表した。
発表によると、3月のPMIは前月比1.2ポイント上昇の51.5で、製造業が好調な発展傾向となった。
企業の分類別でみると、大型企業のPMIは52.4(同比0.2ポイント上昇)、中型企業は50.4(同比1.4ポイント上昇)、小型企業は50.1(同比5.3ポイント上昇)となった。

■2017年 社会消費財小売総額 102%増


国家発展改革委員会は、「2017年中国住民消費発展報告」を公布した。
報告によると、2017年における社会消費財の小売総額は、前年比10.2%増36兆6,000億元に達した。一人当たりの消費額は同比7.1%増の18,322元となった。
2013年から2017年における社会消費財小売総額は年平均11.39%の増加で、ネット小売額は年平均で30%以上の増加となった。

■タイ 中国人旅行者 51%増


タイ観光体育省は、2018年2月の観光統計データを発表した。
発表では、2月にタイを訪れた旅行客は356万人で、うち中国からの旅行客は51%増の120万人に達した。

■ウォルマート アリババの決済システム利用中止


アメリカのウォルマートが、中国の一部店舗において、アリババ集団のスマートフォン決済やアリペイ(支付宝)の利用をできないようにしたが分かった。ウォルマートが、アリババの競合企業であるテンセントと決済などで提携をしたためである。

■美団外売 摩拝単車を買収今後10年間 中国 海外投資 2丁ドル突破を予測


中国のインターネット出前・レストラン検索サイトの「美団外売」は、シェア自転車の「摩拝単車(モバイク)」を買収すると発表、買収金額は37億ドルとなった。
両社の株主であるテンセントは、自社のスマートフォン決済をメインに、サービスを拡充していくという。


このエントリーをはてなブックマークに追加



メルマガ登録

商談コーディネーター

中国代理店マッチングサービス

よくあるご質問

中国経済情報

中国市場(マーケット)への視点

コラム

中国ビジネス実務指南


友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ