サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場の販路拡大をサポート!
激動する経済、ビジネス、マーケット!
圧倒的な経験と実績!
    [
  1. TOP
  2. >
  3. 「今週のTopics」
  4. 【2018年1-3月】
  5. ]

―更新日:2018年1月8日―

◆人民元市場レート(2018.1.5)

外貨名 100日本円

中間値 5.7565人民元

■年末年始旅行 日本が1位


中国の旅行予約サイト大手の携程旅行網(C-trip)は、年末年始における最も人気の高い旅行先が日本だったことを発表した。個人旅行の利用者が増えたことにあわせ、口コミで評判が広がったことなどが、1位となった理由だという。

■元旦 鉄道旅行社 7%増


中国鉄道総公司は、2018年元旦休暇の旅行者数を発表した。
2017年12月29日から2018年1月1日までの4日間の鉄道を利用した旅行者数は3,700万人で、1日あたりの旅行者数は前年同期比7.0%増の925万人となった。

■空調市場 生産販売量 過去最高


中国電子報などは「2017中国空調産業報告」を発表した。2017年における空調の販売台数は前年比27.4%増の5,787万台で、販売額は同比32.4%増の1,987億元となった。
2017年は空調の生産販売量がともに過去最高となっているが、2018年は2017年ほど好調ではなく、過剰生産が過剰在庫につながると報告している。

■発明特許申請件数 142%増


報道によると、2017年の発明特許申請件数が前年比14.2%増の138.2万件になったと発表した。
またPCT国際特許(特許協力条例:PCT : Patent Cooperation Treatyに基づく国際特許)の申請受理件数は同比12.5%増の5.1万件、実用新型の申請件数は168.8万件、外観設計の申請件数は62.9万件となった。

■支付宝 移動端末での支払 8割強


中国IT企業大手の「アリババ集団」非接触型決済サービスである「支付宝(Alipay)」は、「2017年全国民の伝票」を発表した。
移動端末での支付宝利用率は過去最高の82%となったという。また5.2億人の支付宝ユーザーのうち、移動端末での支払が9割を超えたのは、全国11の省となった。
移動端末での支払いが増えた要因としては、支付宝による金銭受取コード(收钱码)の普及によるとしている。この金銭受取コードはシェアサイクルなどの支払に利用されている。

■北京 消費額 2兆元 突破


北京市商務委員会は、2017年1月から11月までの北京市全体における消費額が前年同期比8.7%増の2兆1,787.4億元だったことを発表した。
このうち、サービスに対する消費が最も多く、消費全体の52%を占める1兆1,313.7億元(前年同期比11.6%増)となった。また、社会消費財の小売総額は1兆473.8億元(同比5.7%増)となった。
2017年の消費額の合計は2兆元を突破すると同時に、北京市のエンゲル係数も下がったと伝えている。


このエントリーをはてなブックマークに追加


メルマガ会員登録

中国ビジネスに関するQ&Aの画像

中国代理商マッチングサービスの画像

今週の中国経済市場情報

中国市場への視点

中国販路開拓コラムの画像

面白チャイナの画像

中国販路開拓レポートの画像

外資投資解説の画像



友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ