サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場の販路拡大をサポート!
激動する経済、ビジネス、マーケット!
圧倒的な経験と実績!
    [
  1. TOP
  2. >
  3. 「今週のTopics」
  4. 【2017年1月】
  5. ]

―更新日:2017年1月6日―

■ 人民元市場レート(2017.01.06)

・外貨名 100日本円

・中間値 5.9508人民元


■2016年GDP 6.7%

1月10日、発展改革委員会の発表によると、2016年にGDP成長率は6.7%前後となることが発表された。第1四半期から第3四半期までの成長率が6.7%となっており、1年間を通して6.7%前後となる見込みである。 また、GDP当たりのエネルギー消費量が約5%減少しており、主な汚染物質の排出量も減少傾向となっている。

■2016年上海市税収入 前年に続き1兆元超え

報道によると、2016年における上海市の税収入は前年比5.5%増の1兆1,847億元となったことがわかった。2015年に初めて1兆元の大台を突破して以来、順調な増加となっている。第二次、第三次産業企業の納税トップ100企業では、上海での産業構造の調整などの成果が現れているという。第三次産業のトップ100企業の納税額は、前年比11.4%増の1,751.9億元となっており、上海市の税収入全体の15.4%を占める。

■日系自動車 2016年新車販売台数 日産が首位

2016年の中国における日系自動車メーカー3社の新車販売台数が発表された。日産が前年比8.4%増の135万4,600台で首位をキープ。次いで、ホンダが同比24.0%増の124万7,713台と2位となった。トヨタは121万4,200台だった。

―更新日:2017年1月13日―

◆人民元市場レート(2017.01.13)

外貨名 100日本円

中間値 6.0003人民元


■ネットローン取引額 2兆元超え

報道によると、2016年における中国ネットローンの取引額は前年比110%増の2兆元を超えた。またプラットフォーム運営企業数は、前年から985社少ない2,448社となった。政府はインターネット上の金融に対する規制を強化し、業界内での淘汰などがあったことから、運営企業数は減少した。

■医療ツーリズム 中国人旅行者5倍増

医療ツーリズムの人気が高まる中、オンライン旅行予約サイトのC-trip(携程)は「2016年オンライン医療ツーリズム報告」を発表した。報告では、2016年における同社オンラインを利用し、海外医療ツーリズムに参加した中国人旅行者数が前年比5倍増の50万人以上になったという。

■2016年 新エネ自動車 生産販売台数ともに50万台突破

中国自動車工業協会は、2016年12月の新エネルギー自動車の生産台数が前年同期比16.8%増の8.9万台、販売台数が同比23.5%増の10.4万台となったことを発表した。2016年通年では、生産台数が同比51.7%増の51.7万台、販売台数は同比53%増の50.7万台となった。

■アリババ 百貨店大手 買収

インターネット通販大手のアリババ集団は百貨店大手の銀泰商業集団に対し、買収の提案をしたと発表した。銀泰側創業者と共同で最大198億香港ドルを投じ、出資比率を9割までにする。アリババは、中国で約50カ所の商業施設を持つ銀泰と組み、インターネット通販と実店舗を連動させた商業モデルの構築を目指すとしている。

―更新日:2017年1月20日―

◆人民元市場レート(2017.01.20)

外貨名 100日本円

中間値 5.9508人民元


■外資による投資額 4.1%増

商務部は、2016年1年間の外資投資額が前年比4.1%増の8,132.2億元となったことを発表した。また新たに設立された外商投資企業数は、同比5%増の27,900社となった。 サービス業への外資投資額は、同比8.3%増の5,715.8億元で、全投資額の7割を超えた。

■1日あたり企業登記数 1.51万社

国家工商総局は、2016年における1日の新規登記企業数が1.51万社だったと発表した。2014年から始まった商事登記制度改革が、一般庶民の投資熱を誘引したとしている。事実、改革以前の1日の登記企業数は6,900社だったことから、登記企業数の大幅な増加となった。

■中国人旅行者 初の600万人台

JNTOは、2016年における日本への中国人旅行者数が前年比27.6%増の637万人となったことを発表した。初めて600万人台に達しており、前年に引き続き、最大の訪日旅行市場となったとしている。 なお、訪日旅行者全体では21.8%増の2,403万9,000人となった。

■2016年 自動車販売台数 13.7%増

中国自動車工業協会は、2016年における自動車の生産台数が前年比14.5%増の2,811.9万台、販売台数が同比13.7%増の2,802.8万台となったことを発表した。また購入減税の対象となった小型車の販売台数については、同比21.4%増の1,760.7万台となり、全販売台数の72.2%を占めたと発表した。

―更新日:2017年1月27日―

◆人民元市場レート(2017.01.27)

外貨名 100日本円

中間値 6.0596人民元


■上海 2016年GDP 6.8%成長

上海市は、2016年におけるGDPが前年比6.8%増の2兆7,466億元だったことを発表した。第三次産業のGDPにおける割合は、初めて7割を突破した。 また広東省の2016年におけるGDPは、同比7.4%以上の7兆9,300億元になった。

■小売総額 農村部 10.9%増

統計局は、2016年1年間の社会消費品小売総額が前年比10.4%増の33兆2,316億元となったことを発表した。このうち、都市部における小売総額は同比10.4%増の28兆5,814億元、農村部では同比10.9%増の4兆6,503億元となった。
 

■貿易取引額 前年比0.9%減

税関総署は、2016年1年間の貿易取引額を発表した。貿易総額は前年比0.9%減の24兆3,344億元となった。 輸出総額は同比2.0%減の13兆8,408億元、輸入総額は同比0.6%増の10兆4,935億元となっている。

■一級都市 平均取引額 初の3万元を突破

上海易居房地産研究院が発行した「一級都市2016年~2017年市場報告」によると、2016年における一級都市新築商品住宅物件の取引額は、前年比16.3%高い31,170元/㎡となった。史上初めて平米あたり3万元を突破した。 都市別にみると、北京市の平米あたり取引額は33,412元(同比20.5%高)、上海市は38,283元(同比19.6%高)、広州市は16,697元(同比10.9%高)、深セン市は53,760元(同比56.2%高)となった。


このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップへ

FAQの画像

中国マーケットを開拓するには適切な代理店を見つけ出すこと!中国代理商マッチングサービス




面白china


外資投資解説シリーズの画像


中国販路開拓マーケット(市場)等に関するメルマガ会員登録



友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ