サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場への視点
    [
  1. TOP
  2. 中国市場への視点
  3. -中国最大級のソーシャルコマースプラットフォーム-小紅書(RED) ]


中国市場への視点 ~中国最大級のソーシャルコマースプラットフォーム-小紅書(RED)~

EC市場は年々拡大し、中国の人々にとって重要な消費プラットフォームと化している。

2018年までに中国のEC小売額は1兆ドルにも達し、世界EC市場の4割を占めるとみられている。特に携帯端末を用いたネットショッピングが主流になりつつある。

国内EC市場だけではなく、越境ECも急拡大を見せている。「網易考拉海購」をはじめ、「天猫国際」、「唯品国際」、「京東全球購」など、ネット通販大手の名前をよく耳にする中、若者を中心に急成長を見せているのが、ソーシャルコマースプラットフォーム「小紅書」(https://www.xiaohongshu.com/)である。

「中国のインスタグラム」とも呼ばれる小紅書(通称:RED)は、2013年、商品のクチコミをシェアし合うコミュニティとして誕生した。その後、2014年にモバイル特化型越境ECアプリ機能を導入。ユーザー登録数は7000万人以上、ユーザーのブログで商品に対するリアルな口コミをシェアするSNS機能として、若者の間で大人気。ユーザーの大部分は、流行に敏感で海外の商品にも興味がある20代~30代の女性。

越境ECにおいて海外製品を購入する場合、商品の説明や詳細が翻訳されず他国語で表記されていることがネックとなっていた中で、小紅書(RED)では、実際に商品を利用したユーザーの説明や感想が中国語で書きこまれており、商品詳細が分かりやすく、参考になると好評を得ている。また、模倣品が多い中国でも、「小紅書(RED)」は、登録商品の約80%以上が自社で仕入れ販売しているため、信頼性が高い。そこでの売上げランキングデータも消費者は、商品を購入する際に参考にしているという。また中国の消費者は、商品購入の際に、口コミ等のリアルなユーザー体験を判断材料にする傾向にあり、中国で商品をヒットさせるには、口コミの存在は欠かすことが出来ない。

また、小紅書(RED)のユーザーは、1ヶ月平均50回以上アプリを開き、月間平均使用時間は130分強と、頻繁かつ長時間滞在しており、これが多くの口コミとヒット商品を生み出している。

日本商品における品質の高さは中国のユーザーから高い人気を集めているが、小紅書(RED)の越境EC商品の売上個数ランキングでも、日本が首位を獲得している。特に日本の化粧品や日用雑貨、健康食品、ヤングレディスファッションなど人気があり、数多くのコメントや写真がアップされている。

最近、小紅書(RED)には化粧品や健康食品、ファッション関連の企業様からの問合せが増えてきているという。日本企業様も中国のソーシャルコマースプラットフォーム―小紅書(RED)に着目しているようである。(H.M)

▲ページトップへ


メルマガ登録

商談コーディネーター

マッチングサービス

よくあるご質問

今週の中国経済市場情報

中国市場(マーケット)への視点

中国販路開拓コラム

中国ビジネス実務指南


友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ