サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場への視点
    [
  1. TOP
  2. 中国市場への視点
  3. 気になる中国のペット市場
  4. ]


中国市場への視点 ~気になる中国のペット市場

最近、弊社にお問合せの多い事項の一つとして、中国のペット市場が挙げられます。中国でもペットブームが到来し、各種ペット商品がたくさん市場に出回っています。

中国のペットの数は、2016年で1万匹を突破したといわれております。また、2016年の1年間におけるペット市場の規模は1,220億元で、10年前と比べ、市場規模は49.1%拡大しているとの報告がありました。

中国のペット市場が急激に拡大した要因としては、収入が増加していることにあわせ、高齢化社会も大きく関係しています。80後や90後は結婚しても核家族を望むため、高齢世帯が増加。高齢世帯はペットを家族の一員として迎え入れていることから、ペットに費用をかける傾向があります。

このほかの要因として、インターネット通販サイトでの購入が挙げられます。大手インターネットサイトの「京東」でもペット専用ページが開設されており、ドッグフードやキャットフード、シャンプー剤やおやつ、歯磨きや美容品など、各種ペット用品が販売されています。

中国のペット市場

  「京東」ペット専用ページには、海外ブランドのペットフードも多く揃えられています。例として、輸入品ドッグフードの価格は、1.8キロで218元のものや2キロで329元とさまざまです。これらのペットフードには、「消化促進」や「栄養豊富」、「美しい毛を育てるためのスキンケア」や「偏食改善」など機能を謳っているものは多く、ニーズが確立されているとも思います。
なお、中国にペットフードを輸出する際には、「飼料」として手続を行います。輸出側の生産する外国企業は管轄する部門で、登記を行う必要があります。この場合、「輸出入の飼料および飼料添加物検査検疫監督管理弁法」(国家品質監督検験検疫総局118号、2009年9月1日施行)など関連する法規に基づき、登記を行います。
2020年には、2,000億元に達するのではないかと予想されるペット市場。高齢化社会がもたらす市場ともいえるのではないでしょうか。 (C.Y)


▲ページトップへ


メルマガ会員登録

中国ビジネスに関するQ&Aの画像

中国マーケットを開拓するには適切な代理店を見つけ出すこと!中国代理商マッチングサービス




面白china


外資投資解説シリーズの画像



友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ