サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場への視点
    [
  1. TOP
  2. 中国市場への視点
  3. -中国CCC強制認証について ]


中国市場への視点 ~中国CCC強制認証について~

ここ数カ月、新しく中国で販売する製品がCCC強制認証に該当するか否かの調査を行ってきました。
CCCとは「China Compulsory Certification(中国・強制・認証)」の3つの単語のCのみに省略したもので、中国のWTO(世界貿易機関)への加盟に伴い、実施されている認証です。それまでの「輸入商品安全品質許可書(CCIBマーク)」、「安全認証合格証書(長城マーク)」など複数あった安全認証制度を「CCC強制認証」に統一し、2002年5月1日より中国CCC強制認証を施行しました。このCCC認証は、中国に輸入される電気・電子製品などに対し、安全性の確保を目的としており、中国の定める技術規格に適合し、輸入許可を審査・認証を行います。
中国CCC強制認証は5種類に分類されており、その種類によってロゴも異なります。
≪中国CCC強制認証のロゴ≫

3C認証
出所:ジェトロ https://www.jetro.go.jp/world/qa/C-160101.html より引用

CCC 強制認証対象品目の分類
電線ケーブル類、電気回路スイッチ及び保護又は接続 用の電気機器装、低圧電気機器、小電力モーター、電動工具、電気溶接機、家庭用及びこれに 類する用途の設備、オーディオ・ビデオ 設備類、情報技術設備、照明機器、自動車製品及び車部品、タイヤ製品 、強化ガラス製品、農機製品、ラテックス類製品、通信端末類製品、医療器械、消防製品、防犯製品、無線LAN製品、装飾内装製品、玩具類製品、情報セキュリティー 製品
認証までのプロセス
申請から認証書の発行までに半年~1年が目安になります。
(以下は、主なプロセス)
1.中国質量認証中心(略CQC)へヒアリングと見積り依頼
2.申請書などの送付・請求額の通知
3.認証申請開始、申請書・技術使用書・サンプル品の提出
4.製品型式試験
5.初回工場審査
6.報認証結果の評価及び許可
7.費用の支払い
8.中国CCC強制認証書取得
9.CCCマークの購入または刻印版・印刷版の申請
※詳細について www.chinawork.co.jp/compellingly_authentication.html

最後に充電器について、中国CCC強制認証の取得を行う製品に充電器がある場合、本体とは別に充電器も対象になります。よって、申請もそれぞれ行い、申請費用もそれぞれ必要になりますので、ご注意ください。 (S.T)


▲ページトップへ


メルマガ登録

商談コーディネーター

マッチングサービス

よくあるご質問

今週の中国経済市場情報

中国市場(マーケット)への視点

中国販路開拓コラム

中国ビジネス実務指南


友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ