サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場への視点
    [
  1. TOP
  2. 中国市場への視点
  3. -中国の外資参入制限の緩和について ]


中国市場への視点 ~中国の外資参入制限の緩和について

Q.
この7月末から、外資参入制限が緩和されると聞きました。 具体的にはどのように緩和されるのでしょうか?

Ans.Ans.
6月28日、国家発展改革委員会と商務部は、「外国企業投資参入特別管理措置(ネガティブリスト)」を発表しました。このネガティブリストの中で、7月28日から銀行や証券、自動車や電力網、鉄道幹線網などへの外資参入制限を撤廃、22の分野において、新たな開放措置を打ち出しました。今回の改訂より、ネガティブリストの制限や禁止条項は、これまでの63(制限:35、禁止:28)から48となります。
主な開放措置として、1つ目はサービス業の大幅な開放です。銀行の外資出資比率制限を撤廃、証券や基金管理、生命保険などの外資出資比率の上限を51%に緩和しました。2021年には、金融分野の全ての出資比率制限を撤廃するとしています。
2つ目に、製造業の開放です。例えば、自動車分野の外資出資比率出資制限について、新エネルギー自動車は2018年に、商用車は2020年に撤廃。2022年には乗用車の外資出資比率制限をなくす方針です。これまでの「中国国内において、同一の外国人投資家による同類の完成車製品生産の合弁企業を設立できるのは2社まで」といった規制も、2022年には取り払うことを挙げています。
3つ目に、農業分野とエネルギー分野の参入規制が緩和、小麦やトウモロコシ以外の新品種の選抜育種や種子の生産制限を撤廃するとしています。

(表)外国企業投資参入による大幅緩和-22分野

        内     容       改定箇所
1 小麦やトウモロコシ以外の農作物の新品種選抜育種と種子生産 中国側の過半数出資制限を取消
2 特殊・希少石炭の探査と採掘 中国側の過半数出資制限を取消
3 石墨の探査と採掘 外資の参入制限を取消
4 レアアースの製練・分離
タングステン製練
合弁や合作の制限を取り消し
外資参入制限の取消
5 2018年:特殊専用自動車と新エネルギー自動車完成車の製造
2020年:商用車完成車の製造
2022年:乗用車完成車の製造
外資出資制限を取消
外資出資制限を取消
外資出資制限および合弁企業設立
2社以内の制限を取り消し
6 船舶(一部を含む)設計、製造、修理 中国側の過半数出資制限を取消
7 幹線・支線飛行機の設計、製造、修理および3トンクラス以上のヘリコプターの設計、製造、修理
地面・水面効果翼機、無人機、空中浮遊装置の設計、製造

中国側の過半数出資制限を取消
8 通用飛行機の設計、製造、修理 合弁、合作の制限を取消
9 武器弾薬製造はネガティブリストには入れない。  
10 電力網の建設、経営 中国側の過半数出資制限を取消
11 鉄道幹線網の建設、運営 中国側の過半数出資制限を取消
12 鉄道旅客輸送会社の設立 中国側の過半数出資制限を取消
13 国際海上輸送会社の設立 合弁、合作の制限を取消
14 国際船舶代理会社の設立 中国側の過半数出資制限を取消
15 コメや小麦、トウモロコシの買い付け、卸売 外資の参入制限を取消
16 同一の外国人投資者による30店舗以上の支店を設立、複数の様々な種類やブランドの石油製品を販売するガソリンスタンドチェーンの建設、経営
中国側の過半数出資制限を取消
17 中国資本の銀行に対する外資側出資比率 単一出資の場合:20%を超えない
複数出資の場合:合計で25%を超えない
18
証券会社、証券投資基金管理会社の外資側出資比率
2018年:中国側の過半数出資制限
を「51%を超えない」に変更
2021年:外資出資比率制限を取消
19
先物会社の外資側出資比率
2018年:中国側の過半数出資を
「51%を超えない」に変更
2021年:外資側出資比率制限を取消
20 生命保険会社の外資側出資比率 2018年:外資側出資比率50%を「51%を超えない」に変更
2021年:外資出資比率制限を取消
21 測量地図作成会社 中国側の過半数出資制限を取消
22 外商投資企業によるインターネットオンラインサービス経営 外国企業投資禁止を取消

(Y.C)


 

▲ページトップへ


メルマガ登録

商談コーディネーター

マッチングサービス

よくあるご質問

今週の中国経済市場情報

中国市場(マーケット)への視点

中国販路開拓コラム

中国ビジネス実務指南


友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ