サイト内検索(有料コンテンツは除く)
中国市場の販路拡大をサポート!
激動する経済、ビジネス、マーケット!
圧倒的な経験と実績!
    [
  1. TOP
  2. >日系企業動向
  3. 【2018年7-12月】
  4. ]

日系企業動向【2018年11月】

■クボタ 中国市場向け大型ディーゼルエンジンを開発

11月21日、産業機械メーカーの(株)クボタは中国市場向け大型ディーゼルエンジンを開発した。本モデルは2020年に施行が予定されている中国ノンロード4次規制に向け、燃焼の最適化等により後処理装置SCRを使用せずに、規制に適合した設計になっている。今後は200馬力帯にもラインアップを拡充することにより、200馬力以下で世界No.1産業用エンジンメーカーを目指す。
【プレスリリース】https://www.kubota.co.jp/new/2018/18-26j.html

■ニイタカ 江蘇省泰興市に第2工場建設

11月28日、業務用洗剤・固形燃料などを製造する(株)ニイタカは江蘇省泰興市に新たな生産工場建設を検討していると発表した。ニイタカにとって福建省に続く第2工場となり、中国国内向け固形燃料の増産対応に加え、中国 洗剤市場への本格参入を目指す。
会 社 名:新高(江蘇)日用品有限公司
資 本 金:200万US$
設立時期:2019年1月(予定)
【プレスリリース】https://www.niitaka.co.jp/uploads/f94144cbb97ae8b095fc72bdc57661c4.pdf

■東海理化 江蘇省無錫市に新会社を設立

11月28日、自動車部品メーカーの(株)東海理化は江蘇省無錫市 に新会社を設立したことを発表した。新たな会社の社名は「東海理化(江蘇)汽車部件有限公司」。2019 年1月に業務開始を予定しており、今後の拡販に向け、営業技術機能を強化した体制を構築する。
会 社 名:東海理化(江蘇)汽車部件有限公司
資 本 金:200万US$
設立時期:2018年10月
【プレスリリース】http://www.tokai-rika.co.jp/topics/2018/181128.pdf

■パナソニック 北京近郊「雄安新区」新拠点

パナソニックは、北京近郊にある新しいスマートシティ(環境配慮型都市)「雄安新区」に拠点を設けた。人工知能(AI)を利用した自動運転や住宅に関連する開発を進める。
中国事業の売上高について、2030年をめどに17年度の2.5倍の2兆円まで引き上げる原動力にしたいとしている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38089250S8A121C1TJ3000/

■レカム 新三板 店頭公開

給与計算などの業務過程を一括で請け負うBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業などを手掛けるレカムの中国子会社は、中国の店頭市場「新三板」に株式を公開した。
日系企業では2社目となる。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38095320S8A121C1FFE000/

■日産自動車 広州に新技術体験施設 設立

日産自動車は、広州に新技術の体験施設を設立した。自動運転や通信機能を強化した「コネクテッドカー」などの先進技術をPRする。
https://www.nna.jp/news/show/1836491

■日立 精華大学と提携 締結

日立製作所および中国法人である日立(中国)、日立(中国)研究開発は、北京の清華大学と「未来創新(イノベーション)連携計画」に関する戦略的提携協定を締結した。
日立と清華大学は、超スマート社会実現に向け、都市のデジタル化、ヘルスケア、エネルギーなどの分野で共同研究を展開する。
http://www.hitachi.co.jp/rd/news/2018/1109.html 

■エーザイ 蘇州市新工場 稼働

エーザイは、蘇州市に設立した薬品の新工場が、7日に本格稼働したことを発表した。末梢性神経障害治療剤「メチコバール」などの固体剤や注射剤を生産する。
https://www.nna.jp/news/show/1833968 

■イオンモール 広東省で3店舗目

広州市白雲区に「イオンモール広州金沙」がオープンした。広東省では3店舗目となる。店舗敷地面積は71,700㎡、延べ床面積は195,000㎡となっている。
イオンモールは、2025年までに、広東省で6~7モールを展開することを計画している。
https://www.nna.jp/news/show/1831959 

■マツダ 2020年 中国専用電気自動車投入

マツダは、2020年に中国において、中国専用となる電気自動車を投入するという。
合弁相手の中国長安汽車集団がモーターや電池などを調達し、マツダはデザインなど車体部分を担当する見通しである。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37510990Y8A101C1X12000/ 

■村田製作所 中国で工場増設

村田製作所は、中国で、主力電子部品であるセラミックコンデンサーの工場を増設する。投資額は約140億円という。
福井県、島根県、フィリピンでも工場建設をすすめ、全社的な生産能力を年1割増やす。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37533780Y8A101C1TJ2000/ 

■グリー 中国の動画配信会社と合弁設立

SNSサイト運営会社「グリー」は、中国の動画配信サービスのbilibili(ビリビリ)と合弁会社を設立する。
スマートフォン向けゲームを日中で共同開発するほか、グリーが展開する「バーチャルユーチューバー(Vチューバ―)」(3Dキャラクター)の動画をビリビリどの動画で配信していくという。日本語で配信するが、中国語への翻訳機能を導入するという。
日本のアニメやゲームの好きな中国人のニーズがあると見込み、中国市場を開拓していく。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3712113030102018X35000/ 

■住商 中国自動車メンテナンス会社 2019年度合弁会社設立

住友商事は、中国で自動車部品の卸売に参入するという。河南省の自動車メンテナンス会社である「中鑫企業集団」と、2019年度に合弁会社を設立する。
合弁会社は、中鑫企業集団傘下の自動車メンテナンス向け店舗に自動車部品を供給していく。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37165830R31C18A0XQ9000/ 

日系企業動向【2018年10月】

■パナソニック 火鍋チェーン店 自動化設備納入

SNSサイト運営会社「グリー」は、中国の動画配信サービスのbilibili(ビリビリ)と合弁会社を設立する。
スマートフォン向けゲームを日中で共同開発するほか、グリーが展開する「バーチャルユーチューバー(Vチューバ―)」(3Dキャラクター)の動画をビリビリどの動画で配信していくという。日本語で配信するが、中国語への翻訳機能を導入するという。

■富士フィルム 中国のレンズ工場 現地企業に売却

富士フィルムホールディングスは、車載カメラ向けレンズなどを生産する中国・天津市にある工場を、中国の欧菲科技(オーフィルムテック)に売却する。
欧菲科技の買収額は、工場と関連する特許を含め、合計2,800万ドルとなっている。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO36889570U8A021C1TJ2000?s=2

■三菱日立パワーシステムズ 三門原子発電所で発電設備引渡し

10月12日、火力発電メーカーの三菱日立パワーシステムズ(株)は中国浙江省にある三門原子力発電所に納入した蒸気タービン発電設備の引き渡しが完了したことを発表した。本発表によれば、今年4月末に燃料装荷を開始し、8月半ばに100%出力に到達。54インチ最終段動翼を採用した同社の主力モデルとのこと。
【プレスリリース】https://www.mhps.com/jp/news/20181012.html

■セントラル硝子 浙江省で合弁会社設立を発表

10月12日、ガラス製品や化学品を製造するセントラル硝子(株)は中国浙江省に合弁会社を設立することを発表した。本発表によれば合弁先となる「浙江博瑞电子科技有限公司」は中国大手化学メーカーである浙江巨化股份有限公司の関連会社。新たな合弁会社では半導体成膜ガスである六フッ化タングステンなどの製造と販売を行う。会社名は「浙江博瑞中硝科技有限公司(仮称)」。
【プレスリリース】https://ssl4.eir-parts.net/doc/4044/tdnet/1635364/00.pdf

■日本食研 江蘇省本社工場 竣工

10月12日、日本食研ホールディングス(株)は中国江蘇省の本社工場が竣工したことを発表した。本発表によれば、今後の生産量増大に向けて対応すると同時に、新事業所も併設することで中国市場でより柔軟かつ迅速に対応し、ブレンド調味料市場拡大に向けた取り組みのさらなる強化を図っていく。竣工した本社工場で液体・粉体ブレンド調味料(焼肉のたれ・てり焼のたれ、から揚げ粉・天ぷら粉)を生産する。
【プレスリリース】http://www.nihonshokken.co.jp/release/p_br_19969200712018616br_br_br_br_strongspan_stylecolor.html

■三菱自動車 新たにエンジンの現地生産を開始

10月16日、自動車メーカーの三菱自動車(株)は中国湖南省にある合弁会社「広汽三菱汽車有限公司」で2種類(4B4エンジン、4J1エンジン)のエンジンの生産を開始したことを発表した。本発表によれば、中国においてエンジンを国産化することでコスト競争力を高めると共に、更なる市場競争力の強化を図るとのこと。また、2020年に完成予定の研究開発センターの起工式を行ったことも発表した。
【プレスリリース】https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5250.html

■関東電化工業 安徽省に 現地法人設立

10月16日、化学品メーカーの関東電化工業(株)は中国安徽省に現地法人を設立したことを発表した。本発表によれば、中国において半導体・液晶用特殊ガスなどの需要が高まることを見込んでおり、今回の生産拠点の設立により安定供給と競争力強化を図っていく。会社名は「宣城科地克化工科技有限公司(仮称)」。
【プレスリリース】http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS01440/3a9ce832/fbb5/474e/8a52/0a4a5c228497/140120181015418002.pdf

日系企業動向【2018年9月】

■デンソー ソフトウエア開発の合弁会社を設立

9月28日、自動車部品メーカーのデンソーは武漢光庭信息技術股份有限公司と湖北省武漢市で合弁会社を設立することを発表した。新たな合弁会社では自動車メーター用ソフトウェアの設計・開発を行い、現地での次世代デジタルメーターのニーズに対応する。社名は「電装光庭汽車電子有限公司」となる。
【プレスリリース】https://www.denso.com/jp/ja/news/news-releases/2018/20180928-02/

■三井E&S造船 中国に合弁会社 設立

10月11日、重工業メーカーの三井E&Sホールディングスは揚子江船業(股份)有限公司(以下、揚子江船業)、三井物産株式会社(以下、三井物産)と合弁会社を設立すると発表した。本発表によれば、揚子江船業の豊富な生産能力と三井物産の幅広い営業力を融合させて、国際的な競争力を持った造船業を目指します。
【プレスリリース】https://www.mes.co.jp/press/2018/1011_001109.html

■三越伊勢丹 越境ECサイト オープン

9月21日、株式会社三越伊勢丹は中国ECサイトの京東集団が運営する越境ECサイト「京東全球購」に出店することを発表した。同社によると日本国内の実店舗での免税売上は約600億円にのぼり、そのうちの約7割が中国からの訪日観光客だった。越境ECサイトを通じて、日本の高品質な製品を、更に多くの中国のお客さまにもお届けしていきたいという。店舗名は「三越伊勢丹海外官方旗艦」。
【プレスリリース】http://pdf.irpocket.com/C3099/HJXQ/rS0W/vlq0.pdf

■サッポロ「サッポロプレミアムビール」輸出再開

9月25日、半導体メーカーのルネサス エレクトロニクス株式会社はAlibaba Cloud(アリババ・グループ)との戦略的提携を発表した。同社によれば、中国での継続的なIoT機器開発に向け、アリババとの協業を推進するとのこと。
【プレスリリース】https://www.renesas.com/jp/ja/about/press-center/news/2018/news20180925.html

■サッポロ「サッポロプレミアムビール」輸出再開

9月20日、ビールメーカーのサッポロビール株式会社は中国向けに「サッポロプレミアムビール」の輸出を再開することを発表した。生産はベトナム工場で行い、北京市や上海市などの沿岸都市で販売する。2022年に100万ケースの販売を見込む。
【プレスリリース】http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000022021/index.html

■メック 常熟市に新子会社 設立

9月20日、電子基板向け薬品メーカーのメック株式会社は江蘇省常熟市に新たな子会社を設立することを発表した。今回の発表によると新子会社では、情報通信機器やデジタル家電やクルマ、医療検査器具など製造工程に用いられる化学薬品を生産・販売するとのこと。現在稼働している美格特殊化学(蘇州)有限公司は、その後閉鎖する方向で検討されている。
【プレスリリース】https://www.mec-co.com/ir/library/pdf/tekijikaiji/20180920_0502_tekijikaiji_1.pdf

■三菱地所 杭州 奥体万科中心に参加

9月12日、不動産会社の三菱地所株式会社(以下、三菱地所)は浙江省杭州市における大規模複合開発事業「奥体万科中心」に参加することを発表した。三菱地所では今回が中国における初のオフィス開発事業となる。本プロジェクトはオフィス・賃貸住宅・ホテル・飲食店舗からなる複合開発で、2021年3月末の竣工を予定している。

■三菱ケミカル 中国国内に3つ目の拠点を新設

9月12日、総合化学メーカーの三菱ケミカル株式会社は四川省成都市に機能性樹脂製品の生産拠点を設置すること発表した。主に自動車内装表皮等に適したスラッシュ成形用PVCコンパウンドの生産を予定している。同社では江蘇省蘇州市と常熟市に続き、3つ目の拠点となる。
【プレスリリース】https://www.m-chemical.co.jp/news/2018/1205025_7465.html

■パナソニック 中国で合弁会社を設立

9月13日、電機メーカーのパナソニック株式会社は中国に合弁会社を設立することを発表した。合弁相手は広聯達科技股分有限公司と聯動天翼新能源有限公司の2社。中国の建築現場で設営される集合住宅向けに空気清浄機や断熱材などを提供する。

■トヨタ 中国新車販売台数 13.3万台

9月6日、トヨタ自動車は中国での8月の新車販売台数を発表した。本発表によると新車販売台数は13.3万台(前年同月比22.6%増)だった。中国では7月から輸入車の関税が引き下げられ、同社の高級ブランド「レクサス」の販売は好調だったとのこと。

■日産 中国新車販売台数 12.7万台

9月6日、日産自動車は中国での8月の新車販売台数を発表した。本発表によると新車販売台数は12.7万台(前年同月比4%増)だった。車種別では「シルフィ(セダン)」、「キャッシュカイ(SUV)」、「ティアナ(セダン)」などの販売が好調だった。

■日立造船 ごみ焼却発電施設案件 受注

8月23日、機械・プラントメーカーである日立造船は中国でごみ焼却発電施設の工事案件を受注したことを発表した。本案件は福建省泉州市の晋江市と安渓県にある2案件。ともに既設プラントの建替工事であり、完工時期は2019年末となっている。
【日本語原文】http://www.hitachizosen.co.jp/release/2018/08/003108.html

■広汽ホンダ アコードのハイブリッド・モデル発売

8月29日、ホンダと広州汽車集団の合弁会社、広汽ホンダはアコード(10代目)のハイブリッド・モデルを発売した。価格帯は19万元~25万元程度となる。アコードは中国語で「雅閣」となる。
【日本語】https://www.nna.jp/news/show/1807007

日系企業動向【2018年8月】

■日産 2020年まで年産3割引上げ

日産自動車は、中国に完成車の工場を新設する。現在ある2拠点も増強し、2020年までに乗用車の年産能力を3割高める。総投資額は約1,000億円を見込んでいる。
このほか、ホンダやトヨタ、ドイツのフォルクスワーゲンも中国で設備増設を計画している。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34354090Q8A820C1MM8000/

■トヨタ 中国に新工場建設

トヨタ自動車は、中国に新工場を建設するという。現地での生産能力は2割強となる。投資総額は、1,000億円規模になるとみられる。中国でのエコカー需要に対応していく。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34246170W8A810C1MM8000/ 

■ローツェ 上海に合弁会社 設立

8月6日、各種産業装置を開発・販売を行うローツェ株式会社(以下、ローツェ)は上海叡泰生物科技股份有限公司と上海に合弁会社を設立することを発表した。登録資本金は6371万元。ローツェはそのうち49%を出資する。今後のライフサイエンス事業を進める。
中国語:http://www.rorze.com/news/2018/08/06/2471/

■ホシザキ 中国子会社 譲渡

8月7日、業務用厨房機器メーカーのホシザキは自社の中国現地法人が子会社化した浙江愛雪制冷電器有限公司(以下、愛雪)の持分をすべて譲渡したことを発表した。愛雪は2015年6月に51%の株を取得し、生産面・品質面での改善によるシナジー効果を目指した。
中国語:http://www.hoshizaki.co.jp/topics/180807-2.pdf#search=%27%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%82%B6%E3%82%AD+%E6%B5%99%E6%B1%9F+%E8%AD%B2%E6%B8%A1%27

■シャープ 山東省煙台市に合弁会社 設立

8月8日、家電メーカーのシャープ株式会社は煙台業達海洋産業発展有限公司と山東省煙台市に合弁会社を設立することを発表した。登録資本金は6,666万6,700US$。ローツェはそのうち70%を出資する。今後は電器製品などの生産、販売を行う。

■福田汽車 エコカー会社 設立

8月8日、中国商用車メーカーの北汽福田汽車股份有限公司(以下、FOTON)はエコカー事業に特化した子会社の設立を発表した。登録資本金は1億元。FOTONが全額出資した100%子会社になる。
中国語:http://news.sina.com.cn/c/2018-08-08/doc-ihhkusku0050270.shtml

■アンビション 上海市に現地法人設立

7月25日、ゲームコンテンツの開発などを行っている(株)アンビションは、中国・上海市に現地法人「游愿数码科技(上海)有限公司」を設立したことを発表した。中国市場での販路確保と中国ゲームの日本展開を目指す。
https://gamebiz.jp/?p=216271

■トヨタ自動車 生産体制強化 200万台へ

郵送検査キットの開発・販売を行う(株)ヘルスケアシステムズは、中国・上海市に現地法人を設立することを発表した。年内をめどに郵送による尿検査事業を開始する予定。
https://www.chukei-news.co.jp/news/201808/02/articles_32197.php

日系企業動向【2018年7月】

■テルモ 中国のDES市場に参入

7月24日、日本の医療機器メーカーであるテルモ株式会社(東京都)は中国の易生科技(北京)有限公司(以下:易生科技)を買収したことを発表した。易生科技は薬剤溶出型冠動脈ステント(DES)の専業企業。今後、テルモは易生科技を通じて中国国内のDES市場に参入する。
http://www.terumo.co.jp/pressrelease/detail/20180724/360

■トヨタ自動車 生産体制強化 200万台へ

7月25日、日本の自動車メーカーであるトヨタ自動車は2020年に向けて中国での生産台数を200万台/年へ強化する方向で検討している。2017年の生産台数は114万台だった。また、同年までに10車種の電気自動車やハイブリッド車の投入も計画している。
http://www.12365auto.com/news/20180727/349758.shtml

■東京コスモス電機 自動車用部品 生産能力アップ

日本の電子部品メーカーである東京コスモス電機株式会社(神奈川県)は中国・広州市にある子会社、広州東高志電子有限公司(以下:東高志電子)の生産能力を増設した。今回増設したのは自動車用部品の生産ライン。中国に進出している日系自動車メーカーが推進する現地調達率向上に対応した形になる。
https://www.nna.jp/news/show/1790329

■ソフトバンクと滴滴 合弁会社 設立

7月19日、大手電気通信事業者のソフトバンクは中国で配車サービスを提供する滴滴出行と合弁会社「DiDiモビリティジャパン」を設立したことを発表した。今後、同社は日本でタクシー配車プラットフォームの提供を始める。
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20180719_02/

■サンデンホール 上海で新工場 設立

7月5日、電気メーカーのサンデンホール株式会社は上海にある自動車部品メーカーの華域三電汽車空調との合弁会社が電動コンプレッサーの生産を開始すると発表した。新工場は上海市浦東区にあり、今年8月の生産開始を見込んでいる。
https://www.nna.jp/news/show/1785013

■IHI運搬機械株 合弁会社 設立

7月6日、パーキングシステムなどを製造するIHI運搬機械株式会社は中国国有企業の華通集団と合弁会社を設立することを発表した。今後、両社は中国にてパーキングシステムを開発、設計を行う。
https://www.nna.jp/news/show/1785337

■ホンダ 6月の中国新車販売台数 発表

7月3日、ホンダは、中国における6月の新車販売台数を発表した。今回の発表によれば、販売台数は10万7,985台、前年同月比6%減だった。
https://jp.reuters.com/article/honda-china-sales-jun-idJPKBN1JT0LE

■日産 6月の中国新車販売台数 発表

自動車メーカーのホンダは車載用電池の開発において寧徳時代新能源科技と共同で開発することを発表した。寧徳時代新能源科技は中国大手の車載用電池メーカー。
https://www.nna.jp/news/show/1784389

■トヨタ 6月の中国新車販売台数 発表

7月4日、トヨタ自動車は、中国における6月の新車販売台数を発表した。今回の発表によれば、販売台数は11万7,800台、前年同月比10.2%増だった。
https://jp.reuters.com/article/china-autos-toyota-idJPKBN1JU0W1


このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップへ

メルマガ登録

商談コーディネーター

中国代理店マッチングサービス

よくあるご質問

中国経済情報

中国市場(マーケット)への視点

コラム

中国ビジネス実務指南


友だち追加

▲初回無料コンサルクーポン配布中▲


ページトップへ