サイト内検索(有料コンテンツは除く)

強制認証(CCC認証)申請

申請代行サービス
    [
  1. TOP
  2. 申請代行サービス
  3. 強制認証(CCC認証)申請 ]

強制認証(CCC認証)申請


強制認証(CCC認証又は3C認証と呼ばれる)の対象となる中国への輸出製品に対し、取得義務が発生します。

中国へ輸出している自社製品が対象となるのか、対象となった場合申請はどうするのか・・・など、弊社がCCC認証の申請代行のお手続をいたします。

■ CCC認証制度とは…

中国の「国家品質監督検験検疫総局」などが「強制性製品認証管理規定」を公布、2002年5月から施行されている制度です。人体や国家安全に関わる製品に対し、強制的に行っている認証となります。


CCC認証対象製品のカテゴリー


CCC認証対象分類 (全20類158製品) ※2014年版
1 電線、ケーブル 4種類 11 自動車製品および安全部品 16種類
2 回路スイッチ及び保護、接続用電気機器装置 6種類 12 タイヤ製品 3種類
3 低圧電気機器 9種類 13 強化ガラス製品 3種類
4 小電力モーター 1種類 14 農機製品 2種類
5 電動工具 16種類 15 通信端末設備 9種類
6 電気溶接機 15種類 16 消防設備 15種類
7 家庭用および類似する用途の設備 18種類 17 安全防犯製品 5種類
8 オーディオ・ビデオ機器 12種類 18 無線LAN製品 1種類
9 情報技術設備 11種類 19 装飾製品 3種類
10 照明設備 2種類 20 玩具製品 7種類


■ CCC認証取得申請の手順



  1. step 1 依頼企業の要望に基づき認証機関に問合せ
  2. step 2 申請書などの送付・請求額の通知
  3. step 3 認証申請開始、申請書・技術使用書・現品サンプル…
  4. step 4 製品型式試験 ※不合格の場合再検査要
  5. step 5 初回工場審査 (※1参照)
  6. step 6 報認証結果の評価及び許可 (※2参照)
  7. step 7 費用の支払い
  8. step 8 ccc認証証書取得
  9. step 9 製CCCマークの購入または刻印版・印刷版の申請

※1.初回工場審査の内容:開始会議・経営者面談、生産現場巡回、製品一致性の確認、
   品質システムのか確認、ワークショップ、審査員会議、審査結果発表

※2.工場新館完了後5日以内の場合再検査要


■ CCC認証取得後


CCC認証取得後、そのコピーと記入・捺印済みの申請書原本を、CCCシール発行管理センターにて購入し、それを当該製品の国内流通前に、製品ひとつひとつに貼付しなければならない。 CCC認証後の継続監査(不定期に実施)


中国強制認証制度(CCC)-関係機関一覧-



機関 詳細
主管機関 国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)
監督機関 国家認証認可監督管理委員会(CNCA)
公認認証機関 中国質量認証中心(CQC)
公安部消防産品合格評定中心
中国安全技術防犯認証中心等
全国に24単位が存在する。
試験実施機構 全国に195箇所存在する。


お問合せ



CCC認証の取得代行等のご相談等は、下記までお気軽にお問合せ下さい。

営業時間:A.M.9:30~18:00 (土日・祝祭日除く)








中国販路開拓マーケット(市場)等に関するメルマガ会員登録


ページトップへ